インターコンチネンタルホアヒンリゾートに宿泊(アクセス編){2013年2月}

 
f0233310_17344250.jpg



 パークプラザスクンヴィットバンコクをチェックアウトした後、インターコンチネンタルホアヒンリゾートに宿泊するためにホアヒンへ向かいました。
 パークプラザを早朝6時半頃、チェックアウトし大きな荷物があると、ホアヒンへ行く際に利用するバンに乗ることができないので、明日、宿泊するラディソンスイーツバンコクスクンヴィットにスーツケースを置きに行きました。


f0233310_17361922.jpg

ラディソンに荷物を預けた後は最寄駅のナーナー駅からBTSスカイトレインでバンのあるビクトリーモニュメント駅へ向かいました。

f0233310_17373049.jpg

f0233310_1738231.jpg

ビクトリーモニュメントの駅の2番出口を出ると、すぐ左側にキングコンプレックスという映画館があり、映画館の入り口のすぐ横にホアヒン行きのバンの受付があり、行き先を告げて、バンに乗りました。バンの料金はホアヒンまで180バーツです。あまりの安さに驚きました。

バンは10人乗り、ハイアットリージェンシー箱根で利用したバンと同じくらいの大きさで、人が集まってから出発します。利用するのはタイ人ばかりで日本人など海外の人は私一人だけでした。バンは常に120キロ前後とかなり飛ばして高速道路を走行していたので、ホアヒンには途中、ガソリン補給とトイレ休憩を兼ねて5分くらいガソリンスタンド停車した後、2時間ほどで到着しました。



インターコンチネンタルにどうやって行けばいいかドライバーに尋ねたところ、バンの停車場にいたスタッフがバイクで行くことができるよということで、バイクに2人乗りして、3分ほどでインターコンに到着しました。
バンで2時間走って180バーツなのに、バイクで3分で60バーツって高くないかと思いましたが、ホテルの場所を知らないので、仕方がないですね。
ヘルメットなしで 当たり前のように二人乗りしているタイ人に驚くばかりです。

f0233310_1745876.jpg

f0233310_17453299.jpg

f0233310_17553022.jpg


 ホテルでチェックインしようとしたところ、スペイン人スタッフのロサダさんから「今、予約されている部屋が空いていません。お部屋をアップグレードしますので、12時まで待っていただけないでしょうか。ロイヤルアンバサダー特典のアーリーチェックインは理解していましたが、このようなことになって大変申し訳ない。」と丁寧に謝罪を受けました。「急いでいるわけではありませんので、クラブラウンジを利用させていただければ、代わりの部屋は用意しなくていいですよ。部屋が準備できるまでラウンジで待っていますから」と答えて、クラブラウンジに行きました。
f0233310_1752828.jpg

f0233310_17511921.jpg

f0233310_17515357.jpg


 クラブラウンジはロビーと同じ1階にあり、アジアンテイストな雰囲気がいいですね。

TWGの紅茶を飲みながら、のんびりと過ごしていましたが、朝食を食べていなかったので、外で昼食をとりに行き、宿泊する部屋が確定するのを待ちました。

長くなってしまったのでここで切って、また続きの宿泊記をアップしたいと思います。

by eseaisaika | 2013-06-14 17:57

ニノイアキノ国際空港(Ninoy Aquino International Airport)JALマニララウンジ{2011年4月}

f0233310_2213561.jpg
 
 
 マニラからの帰国便でニノイアキノ国際空港(Ninoy Aquino International Airport){以下、NAIAと略す}のJALのラウンジ、「マニララウンジ」を利用しました。

f0233310_2284574.jpg
宿泊先のペニンシュラからリムジンで11:15分頃にNAIAへ向かいましたが、途中で渋滞にはまってしまい、JAL便は14:30分だったので、かなり余裕をみて出発したつもりですが、国際線チェックイン時間の出発時間の2時間前のギリギリに近い12:20にNAIAに到着。マニラから帰国する際はかなり余裕を持って出発した方が良さそうです。
f0233310_22211397.jpg
ラウンジの近くにあった新聞や雑誌
f0233310_2223367.jpg
ラウンジは喫煙ブースもありますが、かなりこじんまりとしています。今まで利用した国際線のJALラウンジでは一番狭いです。
f0233310_22254318.jpg
ドリンク類。アルコールも提供されていましたが、成田に到着後は車で帰宅するので飲めません(泣)
f0233310_22281041.jpg
コーヒーや紅茶も準備されています。
f0233310_22292860.jpg
フード類は写真のツナサンドのみとさびしい内容。
f0233310_224114100.jpg
コンソメスープもありましたが・・・
f0233310_22424091.jpg
搭乗口も狭くて、アジアでは古さといい、ソウルの金浦空港と似ています。
f0233310_22434982.jpg
搭乗口の椅子のすわり心地が意外に良かったのが唯一の救い。
f0233310_22444659.jpg
案内表示が電光掲示板でないのは今時の空港では珍しいですよね。
f0233310_22454520.jpg
機内に入りました。
f0233310_22462879.jpg
マニララウンジのフード類が少なかったので、機内食も食べました。
f0233310_22472538.jpg

f0233310_22475814.jpg
無事に成田に到着。JALの鶴丸ともご対面できました。

 マニラは日本人ビジネスマンが結構訪れるので、ラウンジも充実しているのかなと思いきや、かなり狭くてフード類も少なかったです。海外のJALラウンジでもサクララウンジと呼んでいるところが多いのですが、なぜマニラだけ、「マニララウンジ」なのでしょうか?おにぎりがないからでしょうか?
 利用できるだけでもありがたいのですが、次回、マニラに訪れたときは他のワンワールド(キャセイとか)のラウンジも利用して、違いを体験したいですね。

by eseaisaika | 2011-05-14 22:30