ホテルニューオータニ東京エグゼクティブハウス禅に宿泊(クラブラウンジ編){2011年5月}

  年に1回の滞在で楽しみにしていたエグゼクティブハウス禅(以下、禅と略す)のクラブラウンジです。
サービスの内容は昨年と変化はないようですが、今回も素晴らしいクラブラウンジのスタッフのおかげで快適に過ごせました。
f0233310_615213.jpg
クラブラウンジは横に長く、お部屋同様、スタイリッシュな雰囲気です。
f0233310_6325324.jpg

f0233310_6171192.jpg
ティータイムで提供されるクッキーやマドレーヌ。
f0233310_613958.jpg
ティータイムではホテルメイドのケーキなどが提供されます。一口サイズで食べやすいです。
f0233310_6245119.jpg
ラウンジからの新宿副都心の眺望も素晴らしい!
f0233310_23283694.jpg
カクテルタイムで提供されるアルコール類
f0233310_23293047.jpg

f0233310_23301196.jpg
ソフトドリンクはこちら
f0233310_23305242.jpg

f0233310_2331263.jpg
チーズの種類が多いのはよかった。シャンパンやワインと合いますね。
f0233310_2333347.jpg

f0233310_23334789.jpg
ここからは朝食をアップします
f0233310_23345182.jpg

f0233310_23353527.jpg

f0233310_2336974.jpg

f0233310_2337719.jpg

f0233310_23374375.jpg
日本ではこのラウンジでしか食することができないピーエル・エルメのクロワッサン。
f0233310_23391362.jpg
クロワッサンの中でもかなり大きい部類ではないでしょうか。
f0233310_2340168.jpg
フルーツもあります。
f0233310_23412433.jpg

f0233310_2342230.jpg


今回もクラブラウンジスタッフのSさまにお世話になりました。
ニューオータニクラブ会員の誕生日特典のハガキを忘れてきてしまったのですが、ハガキを持参しなくても宿泊料金の割引を適用していただき、さらに急に筆記用具が必要になったのですが、Sさまにそのことを告げるとすぐに持ってきていただくなど、「ノーと言わないサービス」を体験でき、禅のスタッフのレベルの高さを改めて感じました。
 年に1度しか宿泊しないのに、私達夫婦のことを覚えていらっしゃるのは嬉しい限りです。
いつもお世話になっているkさまはチェックアウト直前にお会いすることができたのもよかったです。
ニューオータニにはあまりの居心地の良さに禅に宿泊してばかりで、タワー館にも宿泊してみたいのですが、この調子だといつになることやら。

by eseaisaika | 2011-07-15 06:26 | ホテルニューオータニ東京

ホテルニューオータニ東京エグゼクティブハウス禅に宿泊(お部屋編){2011年5月}

f0233310_1557296.jpg



  先月から記事を更新しておらず、ご訪問していただいた方にはご迷惑をおかけしております。
ようやく落ち着いてきたので、これからどんどん更新していきます。

 5月に宿泊したホテルニューオータニ東京のエグゼクティブハウス禅の宿泊記をアップします。
5月は私の誕生月で、ホテルニューオータニの会員組織ニューオータニクラブから、毎年、誕生月前後1ヶ月以内に利用できるお得な宿泊プランの案内が届きますので、今回も誕生日の一週間前に利用しました。
 昨年はデラックスルームの料金でジュニアスイートルームに宿泊しましたが、今回はスタンダードルームの料金でデラックスルームに宿泊しました。

 エグゼクティブハウス禅(以下、禅と略す)は日本のクラブフロアの中で私が一番気に入っておりますが、今回も禅のスタッフのおかげで素晴らしい滞在となりました。

f0233310_1653530.jpg

f0233310_1665852.jpg
お部屋までの通路。スタッフの話では震災の際には壁紙が剥がれ落ち、修復するのが大変だったようです。
f0233310_1683414.jpg
今回、宿泊したのはデラックスダブルルーム(1174号室)です。
f0233310_16111477.jpg
相変わらず、和の雰囲気でありながら、それでいてスタイリッシュな雰囲気が素晴らしい。広さは45㎡ですが、実際に宿泊すると数字よりも狭く感じます。調度品がたくさん配置されているせいでしょうか。
f0233310_16153435.jpg
誕生日ということでギフトが。バームクーヘンかなと思っていたら、今回はかりんとうでした。

f0233310_19194364.jpg
円形のライティングデスク。木目調で部屋の雰囲気とマッチしています。
f0233310_1921953.jpg
液晶テレビとズボンプレッサー
f0233310_19242568.jpg
ミネラルウォーターは「FUJI」。追加も可能です。
f0233310_21224871.jpg
クローゼット。それほど広くはありません。
f0233310_21253748.jpg
セーフティーボックス。引き出しには浴衣も用意されています。
f0233310_21271336.jpg
スリッパはふかふかしているわけではありませんが、丈夫で履き心地は悪くはありません。
f0233310_21303210.jpg
続いてバスルームです。
f0233310_21311664.jpg
狭く感じるベッドルームとは違って、バスルームは横に長くゆったりとしていて機能的です。
f0233310_21352154.jpg

f0233310_21355772.jpg
バスアメニティはサルバトーレ・フェラガモのタスカンソール。以前よりボトルが大きくなったかな?
f0233310_21373019.jpg
バスローブの生地の肌触りが抜群で気持ちがいいです。フェラガモのボディローション。オリーブアロマバスオイルも2種類あり、画像のピンク色がローズの香り、緑色のものがガーデンで、どちらもいい香りでした。
f0233310_21464448.jpg
炭をイメージした黒の石鹸もいい香りです。
f0233310_2149647.jpg
他のホテルではあまり見かけないレッグリフレッシュシートなどアメニティがたくさん準備されています。
f0233310_21505731.jpg

f0233310_21521684.jpg
部屋からの眺望。デラックスルームはローズガーデン側です。外では結婚式が行われていましたが、かなり暑そうでした。
f0233310_21543362.jpg

by eseaisaika | 2011-07-10 16:02 | ホテルニューオータニ東京

ホテルニューオータニ東京「エグゼクティブハウス禅」に宿泊(ラウンジ編){2010年6月}

f0233310_13382377.jpg
 

 最後に「禅」のクラブラウンジをご紹介します。
f0233310_1339127.jpg
ラウンジと部屋に入室する際には、この自動ドアの前にあるセキュリティでカードキーを通さなくてはいけません。セキュリティにも十分配慮されています。
f0233310_0494211.jpg
ラウンジは200㎡程あり、横に長いです。部屋と同様、スタイリッシュな雰囲気は素晴らしい!
f0233310_051988.jpg

f0233310_0523030.jpg
チェックインは好きな席に座ってチェックインできますが、その際にスタッフがソフトドリンクと写真のマドレーヌやクッキーを持ってきてくれます。
f0233310_0564966.jpg
ティータイムで提供されたケーキ。一口サイズなので、いろいろな種類のケーキを食べることができるのはいいですね。
f0233310_17341.jpg
カクテルタイムで提供されるアルコール類
f0233310_184615.jpg
このクラスのホテルだとシャンパンは当然、準備されていますね。
f0233310_1104080.jpg
アルコールだけでなく、もちろんソフトドリンクも準備されています。
f0233310_112711.jpg

f0233310_1353379.jpg
夜のラウンジ。眺望は部屋同様、新宿副都心側で、いい雰囲気でした。
f0233310_1363454.jpg
日本ではこのラウンジでしか食することのできないピエール・エルメのかなり大きいクロワッサンが朝食で提供されます。
f0233310_1432665.jpg

f0233310_14414.jpg

f0233310_1451766.jpg
妻の話ではこのお粥が絶品だったようです。

 11階のラウンジでは質の高い食材が提供され、フードサービスはかなり充実しています。
特質べきはスタッフのサービスです。お客様に対して、決して押しつけがましくなく、着かず離れずの絶妙の距離感が印象的でした。
 国内外のインターコンチネンタルホテルに宿泊されている友人も「部屋も素晴らしいですが、この落ち着いていて、余裕のあるスタッフは御三家ならではですね」と感動していました。


 2007年から東京ではリッツカールトン東京など、外資系ホテルが相次いで開業したことで、ニューオータニでもこの「禅」を新設されましたが、ここの少数精鋭のスタッフのサービスの高さは決しつ高級外資系のスタッフにひけをとることはありません。

 他のホテルでもそうですが、顔なじみのスタッフがいると安心できますが、今回もスタッフの黒坂さま、関さまにはよくしていただき気持ちのいい滞在でした。

by eseaisaika | 2010-06-26 13:39 | ホテルニューオータニ東京

ホテルニューオータニ東京「エグゼクティブハウス禅」に宿泊(朝食編){2010年6月}

 「禅」の宿泊者が朝食を利用する場合、クラブラウンジの他に、和食の「なだ万」、和洋ブッフェの「SATUKI」、洋食ブッフェの「Top of The Tower」、その他に「ガーデンラウンジ」の4つのレストランのいずかを利用することができます。

 前回は「SATUKI」を利用しましたので、今回はまだ宿泊したことがないタワー棟40階にある「Top of The Tower」に行ってみました。

f0233310_21402699.jpg

f0233310_21541773.jpg
店内の様子。幕張でもそうでしたが、北京にニューオータニがあるせいでしょうか、ここも中国人ゲストが多かったです
f0233310_21553537.jpg
最上階だけあって眺望はいいですね。東京タワーも見えます。混んでいたので窓際に座れなかったのが残念。
f0233310_2156220.jpg

f0233310_2232117.jpg
f0233310_2234924.jpg
f0233310_2242558.jpg
f0233310_22104058.jpg
f0233310_22111314.jpg
私の大好きなパンケーキ、フレンチトーストがあったのも良かったです。

 洋食ブッフェですが、ご飯、味噌汁などの和食も提供しているのはいい意味で良かったです。
店内は眺望は良いのですが、狭いというか圧迫感を感じました。
まだタワーに宿泊したことがないので何とも言えませんが、宿泊した方の話ではタワーの部屋はメインに比べて狭くて圧迫感を感じるそうですが、このレストランを利用してみて、なんとなくそうなのかなと思いました。
 タワーにはいつ宿泊しようかな。

by eseaisaika | 2010-06-23 21:42 | ホテルニューオータニ東京

ホテルニューオータニ東京「エグゼクティブハウス禅」に宿泊(バスルーム編){2010年6月}

 次は、お部屋編でご紹介できなかったバスルームをアップしました。
ジュニアスイートのバスルームはスタンダード、デラックスにはなかった、外からの景色が楽しめるビューバスが採用されています。
 

f0233310_8395663.jpg
バスルームは横に長く、ガラス張り
f0233310_8412852.jpg
バスタブは深く、快適さではマンダリンオリエンタルやコンラッドなど高級外資系ホテルのものと遜色ありません。
f0233310_8424586.jpg
シャワーブース。椅子(?)がありますので、座りながらレインシャワーを浴びることができました。
f0233310_845457.jpg
バスアメニティは日本のホテルではここ「禅」のみ採用されているサルバトーレフェラガモの「タスカンソール」です。スタンダードやデラックスにあるものよりボトルが長く、容量が多いです。
f0233310_8491399.jpg
バスローブは軽くて、ふかふかで着心地抜群です。
f0233310_8531610.jpg
バスタブ横の壁にはテレビが設置されています。
f0233310_8544914.jpg
バスタブからの外の景色

お部屋同様、豪華な造りと写真を撮り忘れましたが、2種類のバスオイル(入浴剤)やレッグリフレッシュシート、アイリフレッシュパックなど豊富なアメニティのおかげで快適なバスタイムでした。
 

by eseaisaika | 2010-06-22 08:37 | ホテルニューオータニ東京

ホテルニューオータニ東京「エグゼクティブハウス禅」に宿泊(お部屋編){2010年6月}

 
f0233310_20563551.jpg

 ホテルニューオータニグループの会員組織「ニューオータニクラブ(NOC)」に入会していますが、毎年、誕生月1カ月前になると、会員限定の誕生日宿泊プランのお知らせの手紙が届きます。
 御三家(帝国、オークラ、ニューオータニ)の中では妻は帝国、私はニューオータニが好きなので、毎年私の誕生日ステイはホテルニューオータニ東京の 「エグゼクティブハウス禅」(以下、「禅」と略す)です。

 今回の宿泊プランは「禅」のお誕生日アップグレード特典で、会員本人のお誕生月と前後各1カ月、計3ケ月以内で、予約した部屋よりワングレード上のお部屋に宿泊できるというもので、今回はデラックスルームの料金で、まだ宿泊したことがないジュニアスイートに宿泊することにしました。

 スタッフの話では宿泊したジュニアスイートの部屋は雑誌にも掲載されている部屋とのことでしたが、実際に宿泊してみて、部屋の広さもさることながら、設備、眺望すべてが素晴らしい部屋で大変満足のいく滞在でした。

f0233310_20573410.jpg
ホテルの外観
f0233310_20582487.jpg
エントランス。いつも感じることですが、ニューオータニのベルスタッフは大変親切です。今回もスタッフの柳さんの駐車場への誘導も的確でした。駐車場も宿泊者は無料ですので、ニューオータニに宿泊する時は車で行ってしまいます。
f0233310_212267.jpg
「禅」の宿泊者は専用の駐車スペースが設けられています。既出のベルスタッフの柳さんと駐車場係のスタッフ(お名前を失念してしまいました。すみません。)の連携も完璧で案内もスムーズでした。
f0233310_215586.jpg
「禅」のクラブラウンジは11階にあり、ラウンジでチェックイン/アウトを行います。
f0233310_219924.jpg
宿泊する部屋は一番奥の角部屋だったので結構歩きました。和の雰囲気を醸し出しています。
f0233310_2111219.jpg
今回、宿泊したのはジュニアスイートルーム(1161号室)で、広さは76㎡です。スタッフの関さまの話では、この部屋は雑誌にも紹介される部屋とのこと。ワクワクしますね。
f0233310_21143982.jpg
部屋に入りました。
ここから隔てて右側がリビング、左側がベッドルーム、ベッドルームのさらに左奥がバスルームという配置です。
f0233310_2118940.jpg
まずはリビングから。和の雰囲気を醸し出しながらそれでいてスタイリッシュな雰囲気は大変素晴らしく、落ち着きます。
f0233310_21205335.jpg
反対の角度から。BOSEのサウンドシステムが採用されています。
f0233310_21244012.jpg

f0233310_2126484.jpg
f0233310_2127960.jpg
このクラスの部屋だとエスプレッソマシンは準備されていますね。
f0233310_21535386.jpg
ラゲッジスペースも十分な広さです
f0233310_21554650.jpg
お次はベッドルームへ。リビング同様、「墨」をイメージした和の雰囲気とスタイリッシュな内装が素晴らしい。
f0233310_21575875.jpg
ベッドルームにもリビングのものより小さめの液晶テレビが設置されています。たまたま妻と私は観たい番組が違ったので、これはよかった。
f0233310_2221943.jpg
部屋からの眺望①新宿副都心、迎賓館を眺めることができます
f0233310_2234570.jpg
部屋からの眺望②
f0233310_2243531.jpg
部屋からの眺望③庭園も眺めることができてラッキー

 「禅」にはこれまでスタンダードルーム(36㎡)、デラックスルーム(45㎡)に宿泊しましたが、数字より部屋が狭く感じたことが唯一の不満でしたが、今回のジュニアスイートに関しては
リビング、ベッドルームと2部屋あり、スイートルームといった方が適切で、十分な広さでした。

 この日、友人が数名、この部屋へ訪問してくれましたが、皆さんこの部屋の素晴らしさに感動されたようで「こういう内装が夢だった」とか頻繁に国内外のインターコンチネンタルホテルに宿泊しているロイヤルアンバサダーの友人も「こんな素晴らしい部屋は今まで見たことがない。」など賞賛の嵐でした。

 お部屋のお値段は部屋の素晴らしさ同様、それなりの価格ですが、今回のアップグレード特典を利用して、毎年1回はこの部屋に宿泊したいなと思いました。

by eseaisaika | 2010-06-20 21:28 | ホテルニューオータニ東京