バンコクでゴルフ{2011年1月}

f0233310_23221162.jpg

f0233310_23252216.jpg

f0233310_2326217.jpg


先月中旬にバンコクに旅行することになりましたが、バンコクはもちろんタイは初めてですので、旅行前に空港からのバンコク市内のアクセスについてバンコク在住の友人に相談しました。

タクシーはぼられそうなので、できれば電車で移動したいと思っていましたが、友人は昨年から始めたゴルフにはまっていて、時間があればプレーしているのとのことで、
私に「確かたかさんはゴルフできましたよね?空港へも迎えに行きますし、ゴルフが終わったらホテルにお送りします。空港に到着した早々で申し訳ありませんが、もし良ければそのまま一緒にプレーしませんか?」とお誘いがありました。
 私はゴルフは10年ほど前にはかなり熱をあげていましたが、ホテルステイにはまり出してからはぱったりやらなくなり、しかも道具も弟にあげたので、家に残っていたクラブは3番ウッド(3w)と5番アイアン(5I)、サンドウェッジ(SW)、そしてパター(PT)の4本のみ。友人は土日が休みで、私がバンコクに到着するのは平日でゴルフをしてから会社に出社するとのこと。クラブも準備していただけるのでプレーすることにしました。
それにしても友人のゴルフ熱はすごい!

 年始は仕事が忙しく、なかなか休みがとれないばかりか、さらにゴルフコースに廻るのは5年ぶりですので友人に迷惑をかけてはいけないと思い、旅行前にゴルフの練習場に2回、アプローチやパターを練習するためにショートコースに1回行きました。
ショットは持ち球の右に曲がるスライスではなく、反対のフック(左に曲がる)がほとんどでコントロール不能でブランクの影響は隠せないですね。
これではどうにもならないので、とりあえずドライバーをレンタルしてボール2箱分(250球はあったかな)スライスが出るまで打ちまくり、当日に備えました。

 いよいよ当日、羽田からの深夜便でバンコクに到着。空港で友人とも無事に会うことができゴルフ場へ。
バンコクのゴルフ場が芝生が青々としていてキレイだったのが第一印象です。
日本の今頃だったら、芝生も禿げて地面も固い場合もあるので、いい状態でプレーできるのはありがたいです。
驚いたことにタイでは1組にキャディさんがつく日本とは違って、プレーヤー1人につきキャディさんがつくのには驚きましたが、これは自分の打ったボールの行方やプレーヤーの特徴もキャディさんが把握しやすいので、いいシステムですね。

 肝心のスコアは飛行機でけっこう寝れたことや友人が貸してくれたレンタルクラブが私に合っていたこともあり、5年ぶりのラウンドでしたが、94と100を切れてよかったです。
空港での入国手続きが長引いたこともあって、練習グリーンでパターが練習できず、かなり急いでラウンドし、パターがさっぱりで3パット連発だったのが唯一後悔した点です。練習グリーンでパターの練習をしていれば90を切れていたかなと思うと残念。

 海外はグアムでプレーして以来、久しぶりでしたが、タイはプレー料金も日本の3分の1で楽しめるのがいいですね。こういう素晴らしい環境でプレーしてしまうと、ますます日本でゴルフをすることはなさそうです。
次回はサイパンあたりでプレーしたいなと思っています。

by eseaisaika | 2011-02-14 23:26 | ゴルフ