ペニンシュラマニラに宿泊(プール、サービス編){2011年4月}

 今まで宿泊したペニンシュラホテルではプールやフィットネスジムは無料で利用できましたが、マニラではプールを利用しました。
 椰子の木に囲まれたプールで泳いだり、デッキチェアで寝そべっていると、マニラの商業地区マカティにいることを忘れてしまうほど、いい雰囲気でした

f0233310_23461882.jpg
プールは午前6時から午後10時まで営業しています。
f0233310_23492093.jpg
ロッカー。カギがついているのですが、ロッカーを開けるのにカギの開け方が単純(差し込んで回す)ではなく、開けるのに苦労しました。盗難が多いのでしょうか。シャワー室、サウナ、ジャグジーも完備で他のペニンシュラホテルと同様、充実しています。
f0233310_2356327.jpg
プールはバンコクと同じ屋外にあり、水深が一番浅いところでも1.4mで、最深部は2m近くあります。
f0233310_23594862.jpg
ペニンシュラのプールでデッキチェアに寝そべっていると優雅な気分に浸れます。
f0233310_034945.jpg
地下1階にはペニンシュラアーケードがあり、ペニンシュラグッズを購入することができます。お値段もバンコクと同様、かなりお安く、自分用に買ったペニンシュラロゴ入りのポロシャツは750ペソ(日本円で1500円しないくらい)で、お土産として買った、ペニンシュラ定番の箱入りのチョコレートも最安値500ペソからとお手頃でした。ペニンシュラグッズを購入するならバンコクかマニラがいいですね。
f0233310_091328.jpg
ペニンシュラアーケードではパンやケーキなども販売しており、店内での飲食も可能です。
f0233310_0175299.jpg
マニラでもゼネラルマネージャー(GM)へのサインを事前にメールでリクエストしましたが、今回も快く引き受けていただきました。メールで対応していただいた女性の秘書の方は私のリクエストにすぐに返信していただき、ニノイアキノ空港でのホテルリムジン待合室の場所など教えていただき本当に助かりました。
f0233310_024984.jpg
上海で本を失くしたこともあり、ペニンシュラホテル関連の本を3冊持参しサインをいただきました。GMのCrookさん、ありがとうございました。

 マニラでペニンシュラは5箇所目でしたが、私の拙い英語でもスタッフは笑顔で、真剣に耳を傾けてくださり、他のペニンシュラ同様、居心地は最高でした。
 2013年開業予定のパリを含めると、まだ宿泊していないペニンシュラホテルはちょうど半分の5箇所ですが、来年の冬に本家の香港に宿泊し、「ペニンシュラアジア制覇」は達成したいですね。
 アジアでは香港が最後になってしまいましたが、他のペニンシュラとの違いを体験できたのである意味、この宿泊の順番でよかったかなと思いました。
 

by eseaisaika | 2011-05-11 00:45 | ペニンシュラマニラ

ペニンシュラマニラに宿泊(レストラン編){2011年4月}

 
f0233310_12275791.jpg

宿泊プランに各国の料理がブッフェ形式で提供されるレストラン「Escolta(エスコルタ)」のディナーが利用できましたので、行ってきました。すしやトムヤンクンが提供されるなど料理の種類が充実していました。

f0233310_1622437.jpg

f0233310_1631927.jpg

f0233310_1633798.jpg


f0233310_165024.jpg

f0233310_1653097.jpg

f0233310_1675297.jpg

f0233310_1681263.jpg

f0233310_1683353.jpg

f0233310_1685421.jpg

f0233310_1691178.jpg

f0233310_1694396.jpg

f0233310_1610674.jpg

f0233310_16102243.jpg
このローストチキンが皮がパリパリで、香ばしくて美味しかったです。
f0233310_1611486.jpg

f0233310_16113660.jpg
海外ではキャベツやレタスなどの生野菜が提供されることが少なく、あったとしても鮮度がイマイチで美味しくないことが多いのですが、このシーザーサラダは美味しかったです。
f0233310_1613356.jpg

f0233310_16135693.jpg

f0233310_16141546.jpg

f0233310_16143570.jpg
ズッキーニーのスープ
f0233310_161589.jpg

f0233310_16153623.jpg
トムヤンクンもありましたので、挑戦してみましたが、すっぱくて辛いのは私には無理のようです。
f0233310_16162947.jpg
フルーツもあります。
f0233310_1617689.jpg
ケーキやチョコレートファウンテン、デザートまで提供されているのには驚きました。
f0233310_16182935.jpg
〆はアイスクリームで。

 日本円では3000円ちょっとのようで、現地のレートだとかなり高い料金なのかもしれませんが、これだけ充実したメニューで、現地の雑誌にも掲載されている人気のレストランのようですので、日本のホテルのディナーブッフェと比べるとお得だと感じました。
 朝食もクラブラウンジとこのエスコルタが選択できたのですが、朝食も充実していたかもしれないと思うと、クラブラウンジでの朝食を選択したのを後悔しました。
 次回は今回の滞在で利用できなかった「ザ・ロビー」でのアフタヌーンティーとエスコルタの朝食は必ず利用したいですね。

by eseaisaika | 2011-05-08 12:28 | ペニンシュラマニラ

ペニンシュラマニラに宿泊(クラブラウンジ編){2011年4月}

  ペニンシュラでは珍しくマニラにはクラブラウンジが設置されています。

by eseaisaika | 2011-05-05 21:47 | ペニンシュラマニラ

ペニンシュラマニラに宿泊(お部屋編){2011年4月}

 
f0233310_18241943.jpg

 次はお部屋編です。
入口のドアを開けるとリビングですぐ、右側にトイレで、その奥に4人が利用できるダイニングテーブル、冷蔵庫、窓際に大きなデーベッドがあります。
リビングの左側に進んでいくとベッドルーム、、クローゼット、バスルームという配置で非常に広く、94㎡あるので1人で宿泊するにはもったいないですね。
 部屋の雰囲気はダークブラウンを基調とした、ペニンシュラホテルの中ではスタイリッシュだったのが印象的でした。
f0233310_18314785.jpg
ウェルカムフルーツ。
f0233310_1825828.jpg
リビング。窓際から撮るとこんな感じです。
f0233310_18303540.jpg
4人掛けのダイニングテーブル。
f0233310_18323893.jpg
ソファとデーベッド。窓際のデーベッドは大きくて十分寝ることができます。
f0233310_1834565.jpg
ミニバー。
f0233310_18361797.jpg

f0233310_18371565.jpg

f0233310_18381671.jpg

f0233310_183982.jpg
ソファ横にあったコントロールパネル、電話機、メモ帳。このコントロールパネルを見るとペニンシュラに宿泊していると実感します。
f0233310_184175.jpg
次はベッドルームです。ダークブラウンを基調としたスタイリッシュな雰囲気はペニンシュラらしくありませんが、私は好きです。
f0233310_18475030.jpg

f0233310_184942.jpg
このキングサイズのベッドが寝心地が抜群で良かったです。
f0233310_23105044.jpg
ターンダウン後のベッド
f0233310_18502898.jpg
液晶テレビはサムスン社製で、撮り忘れましたがリビングにも設置されています。
f0233310_1852219.jpg
かなり大きいライティングデスク。
f0233310_1853757.jpg
引き出しにはFAX、ステーショナリーがあり、仕事で利用するにも便利です。
f0233310_18542147.jpg
マニラもインターネットが無料で利用できます。海外のホテルでインターネットを利用すると大抵有料ですが、ペニンシュラは無料で利用できるので、日本のホテルと同じ感覚で過ごせるのも魅力の一つだと思います。
f0233310_18563628.jpg
ペニンシュラホテルに関する本が置いてあり、私が上海でいただいた「Beyond Hospitality」もありました。
f0233310_23132374.jpg
部屋に配達された新聞は「まにら新聞」というもので、フィリピン国内やマニラでの出来事が日本語と英語で書かれているので、読みやすくて便利です。マニラに滞在する日本人向けに発行されているのでしょう。
f0233310_18595353.jpg
続いてドレッシングエリアへ。
f0233310_0135510.jpg
スイートだけあって、バゲッジスペース、クローゼットが大きい!
f0233310_19103473.jpg
セーフティーボックスは6桁の暗証番号を入力します。今まで4桁の暗証番号を入力するタイプのセーフティーボックスが多かったので珍しいなと感じました。このセーフティーボックスのメーカーは海外のホテルではよく目にしますね。
f0233310_19125750.jpg
スリッパはペニンシュラのロゴが入っていましたが、今まで宿泊したペニンシュラのスリッパはふかふかで履き心地が良かったのですが、このスリッパはイマイチです。
f0233310_19143645.jpg
バスルームもペニンシュラらしく充実しています。
f0233310_19153725.jpg
バスタブは深くていいのですが、壁際にテレビはありませんので、バスルームの充実度は他のアジアのペニンシュラホテル(北京以外)より劣るかな。
f0233310_191850100.jpg
シャワーブースも設置されていたのはよかった。
f0233310_19195591.jpg

f0233310_1921362.jpg
ミネラルウォーターは330mlと小さめですが、追加が可能ですので問題ありません。ただ、硬水なので、日本人には苦手かも。
f0233310_19235979.jpg
バスアメニティはペニンシュラではおなじみの「Davi」。面白いことにコンディショナーだけが小さめのボトルで、後は東京や上海にあった大き目のボトルでした。
f0233310_19312637.jpg
トイレは海外なのでウォシュレットではありません。
f0233310_19352112.jpg
最後は眺望です。エントランスとアヤラウイングが見えます。
f0233310_19372164.jpg
シティビューですがきれいです。

  バスルームはバンコクや東京、上海に比べると劣りますが、スイートだけあって広くて、快適でした。
部屋の雰囲気が私好みのスタイリッシュな雰囲気なのも良かったです。
1人で宿泊するにはもったいないなぁと感じながらも、楽しませていただきました。
 ペニンシュラとは向かいにあるマカティ・シャングリラもテニスコートもあり、高級感があり、巨大ショッピングモールに近いインターコンチネンタルマニラもかなり良さそうだったので、マカティ周辺にあるホテルなら、治安も悪くなく、快適に過ごせそうですね。
1泊ではなく、最低2泊はすればよかったと後悔しました。
 マニラは怖いというイメージが日本人にはどうしてもありますが、地域によっては快適に過ごせる所もあるので、あまり怖がる必要もなかったかな。

by eseaisaika | 2011-05-02 19:04 | ペニンシュラマニラ

ペニンシュラマニラに宿泊(導入編){2011年4月}

 
f0233310_8385295.jpg


 マニラには今年の秋ごろ宿泊する予定でしたが、4月上旬に職場のシフトで連休が取れたことと、ペニンシュラの公式サイトを覗いていたら、メルセデスベンツでの空港⇔ホテルの往復送迎の他にクラブラウンジアクセス、ブッフェレストランレストラン「Escolta」でのディナーが付いた宿泊プラン「Excutive Package」を発見し、これだけの特典が付いて3万円を切る料金だったので、デラックスルームで予約し、宿泊することにしました。

 ペニンシュラマニラはマニラのビジネス地区で、巨大ショッピングセンターや高級ホテルが建ち並ぶマカティ市に位置し、ホテル周辺は高層ビルが多く、東京とさほど変わらない感じです。
 マニラというと怖いというイメージを持っていましたが、ホテル周辺やホテル内は街のイメージとは無縁で、上品な雰囲気と素晴らしい部屋で過ごすことができ、1泊のみの滞在でしたが5箇所目のペニンシュラステイを楽しませていただきました。

f0233310_840431.jpg
ホテルのエントランス。ホテルに出入りする際はセキュリティチェックを受けなくてはいけません。
f0233310_8421824.jpg
ホテルの周りを散歩していたらエントランスの反対側に美しい噴水がありました。
f0233310_8443431.jpg
 飛行機はJALの朝の便を利用しました。ニノイアキノ国際空港(Ninoy Aquino International Airport){NAIA}に到着して、そのまま出口を出てすぐ右側にシャングリラホテルやマンダリンオリエンタルホテルと並んでペニンシュラの送迎利用者専用ラウンジがあったのには驚きました。ラウンジ自体は全然広くないですが、どこで送迎車の運転手を探せばいいのか不安でしたので、このラウンジがあるのは大変ありがたかったです。
他のペニンシュラホテルのある空港には送迎利用者ラウンジはありませんでしたが、マニラは治安が悪いからでしょうか。 ラウンジに入るとスタッフからサインを求められ、しばらくすると送迎用のメルセデスベンツが到着し、ホテルへ移動しました。ドライバーのジョーさんもとても気さくな方でマニラやペニンシュラ周辺のショッピングモールやレストランについて教えていただきました。
空港からホテルまでは普段は25分ほどで到着するようですが、今回は渋滞にはまったので30分ほどでホテルに到着しました。

f0233310_8491078.jpg

f0233310_850247.jpg
ホテルの中に入ると、すぐに「ザ・ロビー」で、香港ほど重厚ではありませんが、天井が高く、大理石をふんだんに使用したコロニアル調の美しいロビーはヨーロッパの宮殿を思わせる雰囲気です。
f0233310_8524933.jpg
しかも横に長いです。
f0233310_922155.jpg
夜も雰囲気がいいですね。
f0233310_9225254.jpg
生演奏の様子。生演奏は朝や夕方も行われており、優雅な雰囲気を演出しています。今まで見たペニンシュラのザ・ロビーの中では一番いいなと感じました。
f0233310_857249.jpg
チェックインは「ザ・ロビー」より少し奥にフロントがあり、そこでチェックインしました。フロントの横に先月起こった東日本大震災の復興を願う千羽鶴や募金箱が設置されており、募金箱のたくさんの紙幣を見て、日本人の私は感謝の気持ちでいっぱいでした。
f0233310_93341.jpg
チェックインは現地の方ではなく、イケメンスタッフのHerveさんが担当されました。部屋の希望は禁煙か喫煙かを質問され、禁煙の部屋を希望しましたが、どういうわけか部屋がなかなか決まりません。Herveさんは考え込んでいる様子で、一度は9階の部屋の番号をキーケースに記入しましたが、「少しお持ちください。」と言い残し、フロント奥に下がってしまいました。デラックスルームにアサインするのに何でこんなに悩んでいるのか全く訳が分からず、そのまま待っていましたが、しばらくしてHerveさんが戻ってこられて、部屋番号をキーのケースに記入し、「お部屋をアップグレードしました。最上階11階のエグゼクティブスイート(1133号室)です」と言って、カードキーを渡してくれたのにはびっくり!
他のホテルの会員組織の上級会員ということでスイートにアップされたことはありますが、会員組織を持たないペニンシュラホテルでスイートにアサインされるとは。
Herveさん、ありがとうございます!

 
f0233310_963944.jpg
宿泊する11階に到着。エレベーターから部屋までの通路が広いです。部屋まで2人のスタッフが案内してくれました。
f0233310_2303488.jpg
エレベーター横の窓からはペニンシュラの向かいにあるマカティ・シャングリラが見えます。シャングリラにはテニスコートがあるようで、プレーしている人が羨ましいなぁ。
f0233310_991828.jpg
スタッフによるペニンシュラマニラにはアヤラウイングとマカティタワーの2つの棟があるそうで、今回宿泊するのはマカティタワーの方です。
f0233310_9112773.jpg
宿泊する1133号室は11階でも奥の方にあります(一番奥の部屋が300㎡以上あるペニンシュラスイートのようです。)
f0233310_2351827.jpg
鍵はカードキーで、デザインもシンプルなもので北京と同じでした。
f0233310_9165852.jpg
入口のドアを開けると、リビングです。おおっ!広い!1人で94㎡のスイートに宿泊するとは。

 長くなってしまいましたので、ここで切って次の記事で詳しく部屋の様子をアップします。
 

by eseaisaika | 2011-04-30 08:39 | ペニンシュラマニラ