コンラッドバンコクに宿泊(クラブラウンジ編){2011年8月}

f0233310_20423548.jpg


  エグゼクティブフロアの部屋にアップグレードされましたので、エグゼクティブラウンジが利用できました。
 ティータイム、イブニングカクテルでの提供されるフード類が充実していました。

f0233310_20531666.jpg
エグゼクティブラウンジは29階にあり、かなり広いです。
f0233310_20592065.jpg
海外のホテルのクラブラウンジは日本のホテルより広いだけでなく、遅いフライトだと伝えると、スタッフが気を利かせてくれて」チェックアウト後もクラブラウンジ利用させていただける場合もあります(今回もそうでした)ので、大変助かります。
f0233310_2125979.jpg

f0233310_2135687.jpg

f0233310_2152917.jpg
パソコン(マッキントッシュ)も常備されています。
f0233310_2195980.jpg
エグゼクティブラウンジからの眺望はシティービュー。
f0233310_2149235.jpg
左側の細長い建物がバンコクで一番高い展望台バイヨークスカイホテルです。

f0233310_21132585.jpg
雑誌
f0233310_2116114.jpg
まずはティータイムで提供されたフード類をアップします。
f0233310_21171460.jpg
私の大好きなスコーン(チョコチップ)があったのは嬉しかった。
f0233310_21183718.jpg
トラディショナルベジタリアンクラブサンドイッチ。見た目よりボリュームがあり、甘いものが苦手な妻が気に入っていました。
f0233310_2119493.jpg
クリームブリュレ
f0233310_21482971.jpg

f0233310_21541167.jpg
今度はイブニングカクテルで提供されたフード類をアップします。
f0233310_2155309.jpg

f0233310_21561259.jpg
鶏のから揚げも提供されていたのは日本人客を意識しているのでしょうか。
f0233310_2157217.jpg
さらにかっぱ巻きまで。
f0233310_21582645.jpg

f0233310_21591556.jpg

f0233310_2201079.jpg

f0233310_2245435.jpg
朝食はエグゼクティブラウンジか2階のブッフェレストラン「Cafe@2」のいずれかを選択できましたが、CAFE@2を利用しました。
f0233310_23184692.jpg
店内の様子
f0233310_23195447.jpg

f0233310_23204784.jpg

f0233310_23212493.jpg

f0233310_23222037.jpg
妻の大好物エッグベネディクトがありました。
f0233310_23231969.jpg

f0233310_2324979.jpg

f0233310_23245050.jpg

f0233310_23343029.jpg
朝から2人で食べ過ぎてしまいました。

  
   エグゼクティブラウンジは広くて、フード類も充実していて、とても快適でした。
ヒルトンオーナーズのゴールド会員以上だと、このラウンジが利用できることを考えると、ヒルトンの上級会員の方にはコストパフォーマンスの高くて便利なホテルだと思います。
 リバーサイドのミレニアムヒルトンも気になっていますので、このホテルとの違いを泊まり比べてみたいですね。

by eseaisaika | 2011-11-30 21:22 | コンラッドバンコク

コンラッドバンコクでテニス{2011年8月}


f0233310_11355437.jpg

 

 コンラッドにもテニスコートがあることはホテルのホームページをみてわかっていましたので、事前に手配をお願いしました。
コンラッドのテニスコートは7階の屋外プールの隣にあります。
ここでもペニンシュラ同様ノッカー(ヒッテングパートナー)をお願いしました。
ノッカーが相手できるのは12:00からしかできないということで、2時間炎天下の中でのプレーになりました。

f0233310_1141633.jpg
7階にある受付。テニスコートは宿泊者は無料で利用できます。ノッカーを手配する場合は1時間500バーツかかります。
f0233310_11524377.jpg
テニスコートに行く手前に屋外プールがあります。明るい雰囲気がいいですね。
f0233310_11565873.jpg

f0233310_11541870.jpg

f0233310_11551027.jpg

f0233310_11581573.jpg
ジャグジーもありました。
f0233310_11371890.jpg
スタッフに案内されてコートに行きましたが、コートサーフェスはハード(全天候型コート)で、ハードコートの割にはかなり球足の速いコートで、私にはかなり苦手なコートでやりにくかったです。ペニンシュラのコートとは違って、コートの中に冷蔵庫はありませんでしたが、スタッフがミネラルウォーターとタオルを持ってきてくれました。
f0233310_11381889.jpg
相手をしてくれたノッカーはコンラッドのスタッフの方(この方もプロらしい)で、私と同じくサウスポーでストロークはそれほどで強力ではありませんでしたが、サーブがかなり強烈で、サービスの弱い私にはうらやましい限りです。 2時間でしたので、1時間は練習、もう1時間はシングルスの試合をすることにしました。

f0233310_11474949.jpg
慣れないコートでしたが、練習では私の調子がかなり良くて、スタッフを左右に振り回していたので、コート後ろで別のスタッフや隣のプールからいたゲストが私たちのプレーを興味深そうに覗いていました。
 試合では私が日本から持ってきたニューボールを使ったのですが、試合になった途端にボールが飛びすぎて、コントロール不能になり、ノッカーからも「練習ではあんなに調子よかったのに急にバックアウトが多くなったね。どうしたの?」と気遣われ、さらに妻が買い物に行く際にこのコートに寄った際にもノッカーにコテンパンに決められ、「ノッカーの打つボールはスピードがあってかっこいいけど、あなたのは山なりのボールで全然カッコよくない!」といわれる始末。
結局2セットやって、3-6、0-6とボロ負けでした。ニューボール持ってこなきゃよかったなぁ(泣)
 ノッカーからは「久しぶりに骨のある相手とやって楽しかった。またバンコクに来たときはコンラッドに泊まって、一緒にテニスをしようね。」と言葉をいただきました。

帰国する日にテニスをしたので、帰りの飛行機では疲れてしまい、ビジネスクラスにアップグレードされたにもかかわらず機内ではほとんど寝ていました。

by eseaisaika | 2011-11-24 11:30 | コンラッドバンコク

コンラッドバンコクに宿泊(お部屋編){2011年8月}

f0233310_1558373.jpg
 

 バンコク旅行の最終日はコンラッドバンコクに宿泊しました。
東京のコンラッドには何度か宿泊したことがありますが、海外のコンラッドに宿泊するのは初めてで興味津々でした。
旅行会社を経営している友人がバンコクのホテルに宿泊するならコンラッドが一番と勧めるだけあって、快適かつ便利でコストパフォーマンスの高いホテルだなと感じました。


f0233310_17392543.jpg
コンラッドへはペニンシュラをチェックアウトしてからホテル専用ボートでサパーンタクシン駅へ行き、そこからまたBTSを利用しました。
サパーンタクシン駅からサヤーム駅(ガイドブックなどにはサイアム表記されていることが多いですが、BTSのアナウンスはサヤーム)で乗り換え、コンラッドの最寄駅のプルーンチット駅に行きました。
プルーンチット駅の2番出口を出ると、すぐ近くにコンラッドとその隣のショッピングモールのオールシーズンプレイスへ行くシャトルバスの案内があります。
バス乗り場は歩道橋を過ぎたところで停車しますが、表示がわかりづらいので注意が必要です。 バスに乗ると3分くらいでホテルに到着しました。

f0233310_0283373.jpg
館内は開業してからそれほど経っていないようで新しく、スタイリッシュな雰囲気で、六本木のグランドハイアット東京に似ているかな。
f0233310_030357.jpg
チェックインをしようとフロントで名前を告げると女性の日本人スタッフが対応してくれました。スタンダードルームでの予約でしたが、私は三井住友のVISAヒルトンオーナーズゴールドカードを持っていたので、カードを提示すると、部屋のアップグレードか1000ポイントのボーナスポイントのいずれかを選択できます。
、ヒルトンのポイントを貯めていないので、迷わず部屋のアップグレードを選択し、クラブフロアにアップグレードされました。
f0233310_0313144.jpg

f0233310_0323346.jpg
宿泊した部屋は27階の2711号室で、広さは41㎡とフォーシーズンズやペニンシュラよりは狭いですが、コンラッド東京と同じくスタイリッシュな雰囲気です。
f0233310_167091.jpg
寝心地のよいキングサイズのベッド
f0233310_1685876.jpg
ベッドの隣にソファと椅子がありました。デーベッドやソファは部屋の窓側にあるホテルが多いと思っていたので、珍しい配置だなと感じました。
f0233310_1615414.jpg
ウェルカムフルーツ
f0233310_16155570.jpg

f0233310_16162471.jpg
LGの薄型テレビ。海外のホテルではサムスンやLGなど韓国のメーカーのテレビを多く採用しているようです。日本のテレビはたまに見かける程度です。
f0233310_16193594.jpg
クローゼット
f0233310_16202773.jpg
アイロン台、スリッパ
f0233310_16212150.jpg
セーフティーボックス
f0233310_1622622.jpg
冷蔵庫
f0233310_16233729.jpg
ミニバー
f0233310_1624991.jpg
ホテルのミネラルウォーターは無料です。
f0233310_1627498.jpg
バスルーム。バスタブは東京のコンラッドと同じでしょうか。
f0233310_1628190.jpg
東京はコンラッドダックでしたがバンコクはかわいらしいコンラッドエレファント
f0233310_16302244.jpg
シャワーブースも設置されています。
f0233310_16314775.jpg
ハンドシャワーもあったのは私をはじめ日本人にはありがたいのではないでしょうか。
f0233310_16332993.jpg
バスタオル
f0233310_16341850.jpg
シャンプー、コンディショナー、ボディーソープなどバスアメニティもひととおり揃っています。
f0233310_11193050.jpg
部屋からの眺望はシティービューです。
f0233310_11203878.jpg
7階にあるテニスコートも利用しました。

 私はペニンシュラ、妻はハイアットに宿泊することが多いので、なかなかコンラッドなどヒルトン系のホテルに宿泊することがありませんが、旅行会社の友人のおすすめ通り、居心地の良いホテルでした。
買い物やマッサージ店もとなりのショッピングモールのオールシーズンプレイスにありますので、観光や買い物をするにも便利なホテルだと思います。
スクンビットなど日本人の多い地区に近いせいでしょうか、日本語の話せるスタッフも常駐し、シャワーブース付きで、さらにハンドシャワーがあるなど、部屋の設備も日本人ゲストを意識しているなと感じました。
 料金は一番下カテゴリーの部屋で4300バーツほどですが、ヒルトンのゴールド会員だとクラブフロアにアップグレードされますので、日本円で15000円くらいでコンラッドに宿泊できて、クラブフロアのラウンジも利用できるとなればかなりリーズナブルでお得ではないでしょうか。

by eseaisaika | 2011-11-18 00:00 | コンラッドバンコク