<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

インターコンチネンタルサンフランシスコに宿泊(お部屋編){2010年6月}

f0233310_21261495.jpg

 
 ノブヒルにあるインターコンチネンタルマークホプキンスサンフランシスコ(以下、マークホプキンスと略す)の翌日に宿泊したのが、ダウンタウンにあるインターコンチネンタルサンフランシスコ(以下、インターコンSFと略す)です。 

 インターコンSFは2年前に開業したこともあり、クラシカルで高級感のあるマークホプキンスと対照的で、ホテルの外観はガラス張り、ロビーやお部屋は新しくてスタイリッシュな雰囲気で、機能的で使いやすかったのがとても印象に残りました。

 このホテルの予約も一緒に宿泊するPriority Club Rewards(PCR)の最上級会員ロイヤルアンバサダー会員のSF在住の友人にお願いしました。当初はPCRのサイトから1キングベッドエグゼクティブで予約したところ、PCRのサイト上でジュニアスイートにアップグレードされていたそうです。
 最初に予約してから1カ月後に友人が再びサイトを検索したところ、どういうわけかこのホテルのレートが下がり、最初に予約したエグゼクティブのレートがジュニアスイートのレートだったそうです。
そこで予約をし直し、当日チェックインしたところ、このホテルでは3番目のカテゴリーで32階のベイスイートにアップグレードされました。
予約したレートは236ドルで、ベイスイートのレートは1000ドルですので、かなりのアッ
プグレードです。友人がこのホテルも頻繁に宿泊していて、顔なじみのスタッフもかなりいるせいでしょうか、はたまたアンバサダー会員特典のレイトチェックアウト午後4時すぎてから私達がチェックインしたせいなのか、理由はわかりませんが、大変ありがたいです。

f0233310_21335359.jpg
ホテルの外観。ガラス張りで、スタイリッシュな雰囲気が高級感を漂わせています。
f0233310_21373858.jpg
エントランス。
f0233310_21385556.jpg
ロビー。
f0233310_21393982.jpg

f0233310_21423054.jpg
今回、宿泊したのは32階のホテルの中では上から3番目のカテゴリーのベイスイート(3218号室)です。
f0233310_21463839.jpg
カードキーです。
f0233310_21473883.jpg
Priority Club Rewards(PCR)アンバサダー会員ウェルカムギフト。イタリアのトスカーナ産のフルボトルのワインはロイヤルアンバサダー会員だけに付くのかな?
f0233310_21512280.jpg
部屋に入るとリビングが。ここだけでも広いです。
f0233310_21523520.jpg
リビングにあるソファはベッドになる優れものです。2人で宿泊したのでこれは助かりました。
f0233310_23381979.jpg
次はベッドルームです。
f0233310_23274174.jpg
。ベッドはキングサイズで、以前宿泊して寝心地の良かった、ニューヨークのインターコンチネンタルバークレーニューヨークで採用されているベッドと同じファイアーブロッカーでした。
f0233310_233338.jpg
ライティングデスクと液晶テレビ
f0233310_23343854.jpg

f0233310_233546100.jpg

f0233310_23372249.jpg

f0233310_2343653.jpg
バスルームの入口の横にクローゼットがあります。こちらも大きくて使いやすかったです。
f0233310_23454017.jpg



部屋は32階の角部屋で外観やロビー同様、新しくてスタイリッシュな雰囲気です。 部屋に入ると、正面から左側がリビング、右側がベッドルーム、ベッドルームから奥はバスルームという配置です。
 広さは70㎡くらいでしょうか、前日に宿泊したマークホプキンスの部屋ほどは広くはありませんが、2人で宿泊するには十分な広さで、液晶テレビやリビングにあるソファがベッドにできるなど機能的なのがこの部屋の良いところかなと思いました。

 次はバスルームと眺望をアップします。


 

by eseaisaika | 2010-07-29 21:26 | インターコンチネンタル(北米)

インターコンチネンタルマークホプキンスサンフランシスコに宿泊(クラブラウンジ編){2010年6月}

f0233310_22441564.jpg

 クラブラウンジが付設されているホテルでは、たいていラウンジに関する説明がホテルのホームページなど記載されていますが、マークホプキンスはホテルのホームページやPriority Club Rewards(PCR)のサイトにも説明がなかったので、あまり期待していませんでしたが
部屋同様、高級感の漂うクラシカルな雰囲気が素晴らしく、広くて予想以上の居心地の良さに驚き、かなり満足しました。

f0233310_2324527.jpg

f0233310_2335656.jpg
クラブラウンジは1階のロビー奥にあり、ANAインターコンチネンタルホテル東京を除く、日本のインターコンチネンタルホテルのラウンジよりは広いです。
f0233310_238562.jpg

f0233310_23162444.jpg
ラウンジにパソコンやプリンターがあるのは便利ですね。
f0233310_23205523.jpg
f0233310_23212475.jpg
f0233310_23283388.jpg
f0233310_23291167.jpg
f0233310_23225835.jpg
次は提供されたフード類をアップします。
f0233310_23251163.jpg
f0233310_23252895.jpg

f0233310_23263351.jpg

f0233310_23301852.jpg

f0233310_23305423.jpg
カクテルタイムで提供されるアルコールも充実していました。カリフォルニアワインも当然、提供されており飲みやすくておいしかったです。

 クラブラウンジのスタッフは3名いらっしゃいますが、みなさんとても親切で、困ったときにはサポートしていただき、本当に助かりました。
 クラブフロアに宿泊すると、スタッフと話す機会が多くなり、ホテルを身近に感じることができるのがいいなぁと改めて感じました。

私にとって、サンフランシスコはアメリカではニューヨークの次に行きたかった街で、
最初に宿泊するホテルはマークホプキンスと決めていましたが、部屋、施設など期待以上でとても満足のいく滞在でした。
これも予約の手配、スタッフの交渉をしてくれた友人のおかげです。
この場を借りてお礼申し上げます。

by eseaisaika | 2010-07-27 22:45 | インターコンチネンタル(北米)

インターコンチネンタルマークホプキンスサンフランシスコに宿泊(朝食編){2010年6月}

f0233310_21344018.jpg
 
今回、宿泊したプランには最上階(19階)のバー「Top of The Mark」での2名分の朝食が含まれていたので、チェックアウトする日に利用しました。
 「Top of The Mark」はノブヒルの一番高いところにあるホテルの最上階に位置するだけあって、評判通りの眺望で素晴らしい時間を過ごすことができました。

f0233310_21351582.jpg
「Top of The Mark」入口。
f0233310_2253718.jpg

f0233310_2263831.jpg
店内はクラシカルで高級感がありながら、明るい雰囲気です。これが夜だと雰囲気もまた違うのでしょうね。
f0233310_2293055.jpg
f0233310_2210120.jpg
f0233310_22104080.jpg
私の大好きなシリアルがあり、種類が多かったのはよかった。
f0233310_22124179.jpg
サンフランシスコは全米で最大のチャイナタウンがあるせいなのかわかりませんが、点心が提供されていました。
f0233310_22145978.jpg

f0233310_22153976.jpg

f0233310_2217034.jpg
このエッグベネディクトが美味でした。ブッフェでいただけるのは嬉しいです。
f0233310_22184271.jpg
大好物パンケーキとフレンチトーストがあったのも良かったです。日本のホテルで提供されるものより大きいのはさすがアメリカ。
f0233310_2223161.jpg
バーカウンター。レトロな雰囲気がいいですね。

f0233310_22275690.jpg
最上階だけあって見晴らしが良く、天気も良かったので素晴らしい眺望でした。
f0233310_223033.jpg
写真の真ん中あたりに
白と水色の高い建物が見えますが、ここがマークホプキンスの次に宿泊したインターコンチネンタルサンフランシスコです。
f0233310_22304065.jpg
部屋では見ることのできなかった、お目当てのゴールデンゲートブリッジを見ることができて最高!
f0233310_22322143.jpg
入口付近に階段があり、階段を上がると写真のATMと化粧室があります。

 
 「Top of The Mark」は評判通りの眺望の素晴らしさで、ゴールデンゲートブリッジを見ることができて、店内の雰囲気も良く、素晴らしい朝食でした。
おそらく夜景もかなりきれいだと思いますので、次回はカクテルを飲みながら夜景を楽しみたいなと思いました。

 

by eseaisaika | 2010-07-24 21:18 | インターコンチネンタル(北米)

インターコンチネンタルマークホプキンスサンフランシスコに宿泊(バスルーム、眺望編){2010年6月}

 次はバスルームと部屋からの眺望をアップします。バスルームはジャグジー付で、しかもビューバスで、かなり豪華な造りでした。
f0233310_12232878.jpg
バスルームはベッドルームの奥にあります
f0233310_2319783.jpg
ジャグジー付のバスタブ。深さもあり快適です。
f0233310_23213780.jpg
山盛りのバスソルトの量にびっくり!2泊しても使い切れませんでした。
f0233310_23243854.jpg
バスアメニティはイギリスのブランド「GILCHRI&SOAMES」です。友人の話ではこのアメニティはロサンゼルスのインターコンチネンタルホテルにも採用されていたそうです。たまたま掃除にきていただたいた客室係の方の話によると、レギュラーフロアはエレミス(小さいボトル)を採用しているとのこと。
f0233310_23375544.jpg
シャワーブースがあるにはあるのですが、それほどスペースがなく、ハンドシャワーがなかったので使いづらいと感じました。
f0233310_23443226.jpg
部屋の入口横にもトイレがあったのですが、バスルームにもトイレがありました。部屋が広いことと、友人と2人で宿泊していたので、2つトイレがあったのは便利でした。
f0233310_23472890.jpg

f0233310_23525514.jpg
バスルームからの眺望
f0233310_23574373.jpg
パーラーからの眺望。サンフランシスコ市内を一望できて素晴らしい。
f0233310_23595076.jpg
ベッドルームからの眺望。マークホプキンスの向かいにあるフェアモントホテルが見えます。
f0233310_031444.jpg
暮れていくサンフランシスコ市内の眺望も綺麗です。
f0233310_041316.jpg
夜景
f0233310_053958.jpg
f0233310_06885.jpg
f0233310_062847.jpg
個人的にはこの朝焼けの景色が一番綺麗だと感じました。

 部屋からはお目当てのゴールデンゲートブリッジは見えませんでしたが、サンフランシスコ市内を一望できて良かったです。

by eseaisaika | 2010-07-20 23:31 | インターコンチネンタル(北米)

インターコンチネンタルマークホプキンスサンフランシスコに宿泊(お部屋編){2010年6月}

f0233310_2038170.jpg
 

 次は宿泊したお部屋をアップします。
インターコンチネンタルホテルグループの会員組織Priority Club Rewards(PCR)のサイトから、ケーブルカーのパスポート、最上階のバー「Top of The Mark」での朝食2名分、駐車料金50ドルが含まれている宿泊プラン「Enjoy San Francisco」で、部屋は1キングベッドビューで、一緒に宿泊するSF在住の友人がPCRの最上級会員ロイヤルアンバサダーなので予約をお願いしました。
 友人の話では宿泊前日まではジュニアスイートにアップされていたようですが、
友人が頻繁にこのホテルに宿泊され、スタッフとも顔なじみのせいでしょうか、実際は15階のCyril Magnin Suite(シリルマグニンスイート)にアップグレードされました。
 さらに嬉しいことに予約した部屋をPCRアンバサダー会員特典の週末無料券で宿泊するつもりでしたが、スイートにアップされたにも関わらず、週末無料券をそのまま使ってもよいとのこと。
スタッフによると、宿泊した2日間はSFでゲイパレードが開催されていたこともあって、部屋が満室になってしまい、部屋が動かせなくなってしまったそうです。
.クラブラウンジスタッフの皆さん、ありがとうございました。

 部屋は15階の角部屋で、昨年宿泊したインターコンチネンタルシンガポールのアンバサダースイートと同じか、それ以上で130㎡くらいでしょうか、かなり広くて、友人と二人で狂喜乱舞!
 
 部屋のドアを開けると正面にクローゼット、部屋の入り口のすぐ横にトイレがあります。
部屋は正面から右側はリビングで、大きめなソファ、ダイニングテーブルが、リビングの奥にはパーラー、部屋の入り口正面から左側にはクローゼット、ベッドルーム、ベッドルーム奥がバスルームで、シャワーブース、トイレがもう1か所、窓際にジャグジー付のバスタブ、という配置で、かなり豪華です。
ホテルや部屋の設備はテレビがブラウン管など、古さを感じますが、クラシカルもな雰囲気で高級感を醸し出しているのが良かったです。
 
f0233310_20461626.jpg
入口から右へ行くとリビングが。写真に載っていませんが、手前にライティングデスクがあります。
f0233310_20481295.jpg

f0233310_20492794.jpg
リビングにあったパナソニック社製のブラウンのテレビ
f0233310_20504227.jpg
アメリカなのに謎の
中国人らしき人物の絵画
f0233310_2054497.jpg
リビングの手前にライティングデスクがあるのですが、それからさらに右奥に進むとダイニングテーブルがあります。
f0233310_2055492.jpg
ダイニングテーブルとBOSEのスピーカー、冷蔵庫。シャンデリアもいい雰囲気を醸し出しています。
f0233310_20581637.jpg
冷蔵庫。冷蔵庫を開けるには専用のカギを使わなくてはいけません。チェックインの際にルームキーと一緒に冷蔵庫用のカギも渡されました。ロイヤルアンバサダーは冷蔵庫の中のドリンクが無料でいただけるのはありがたいです。
f0233310_2113088.jpg
アンバサダー会員のウェルカムギフトのフルーツ、エビアンの他に、サンフランシスコ有数のチョコレートメーカー「GHIRARDELLI」のチョコレート
f0233310_2151698.jpg
こちらのエビアンは有料でした。
f0233310_2172992.jpg
リビングの奥から右に進むと段差があり、さらに進むとパーラーへ。ダイニングテーブルのある部屋からまっすぐ進んでもパーラーへ行けます。パーラーはアジアンテイストでエキゾチックな雰囲気です。他の部屋より高い位置にあるので、パーラーからのベイブリッジをはじめ、サンフランシスコ市内の眺めが素晴らしかったです。
f0233310_21111970.jpg
パーラーにあった電話機。年季が入っていますね・
f0233310_21133655.jpg
今度は入口から左に進むとまずクローゼットがあります。
f0233310_21155310.jpg
このクローゼットは広くて使いやすかったです。このクローゼットの他にも、部屋の入口にもこのクローゼットほど広くはありませんが、クローゼットがあり、そこは友人が使用しました。これだけの設備を2人で使うのは贅沢ですね。
f0233310_21202234.jpg
広いクローゼットからさらに奥に進むとベッドルームへ。
f0233310_2122063.jpg
ニューヨークやボストンのインターコンでもそうでしたが、ベッドの高さがかなりあるので、まさに「よじ登る」感じです。
寝心地はかなり良く、時差ボケで疲れていましたが、おかげさまでぐっすり寝ることができました。
f0233310_21255676.jpg
ベッドルームにもリビングにあったパナソニック社製のブラウン管のテレビがありました。
f0233310_21274768.jpg
ターンダウンの際には「GHIRARDELLI」のチョコレートを掃除をしていただいたスタッフの名前と翌日の天気が書かれた用紙とともにベッドサイドに置いてくれました。
 
 部屋に入る前からホテルの雰囲気に圧倒されましたが、お部屋も古いながらも設備は豪華で期待以上に素晴らしく感動しました。
部屋があまりにも広くて移動するのに疲れるほど。
2人で宿泊するにはもったいないですね。
スタッフとロイヤルアンバサダーの友人に感謝です。

バスルームや部屋からの眺望も素晴らしかったのですが、長くなってしまったので、ここでいったん切って次にアップしたいと思います。

by eseaisaika | 2010-07-18 21:41 | インターコンチネンタル(北米)

インターコンチネンタルマークホプキンスサンフランシスコに宿泊(導入編){2010年6月}

f0233310_23834100.jpg


 先月末にメジャーリーグ観戦が目的でサンフランシスコ(以下、SFと略す)行きました。
SFではリッツカールトンやフェアモント、スタンフォードコート・ルネッサンスなど高級ホテルが建ちならぶノブヒルのインターコンチネンタルマークホプキンスサンフランシスコ(以下、マークホプキンスと略す)に2泊、ダウンタウンのインターコンチネンタルサンフランシスコに1泊しました。最初に宿泊したマークホプキンスをアップします。

 このマークホプキンス、ノブヒルの頂上にあり、住所もノブヒル1番地。
1926年にオープンしたSF有数の老舗のホテルです。ゴールドラッシュ時代に成功した4人の商人のうちの1人である鉄道王マークホプキンスの邸宅跡に建設され、ホテル内の至る所で歴史を感じることができます。

f0233310_23313277.jpg
ホテルの外観。外観からもクラシカルで優雅な雰囲気を感じることができます。
f0233310_23395494.jpg
ホテルまではかなり急な坂道でした。友人の車でホテルに行きましたので、問題はありませんでしたが、もし車で行かなかったら、この急坂をスーツケースを引っ張りながらホテルまで歩かなくてはいけません(ケーブルカーもホテルのすぐ近くを通っていますが、残念ながらスーツケースはケーブルカーには載せられません)。
f0233310_23473781.jpg
ホテルのエントランス。こじんまりとしていますが、ここからもクラシカルな雰囲気を感じることができます。
f0233310_23591482.jpg
レセプション
f0233310_0222086.jpg
ロビーもこじんまりとしていますが、ゴージャスで荘厳な雰囲気です。
f0233310_0241269.jpg
ロビー横には博物館というか歴史資料館がありました。
f0233310_0254489.jpg
ホテルの成り立ちなどを知ることができる写真などが多数展示されていました。
f0233310_0272524.jpg
鉄道王マークホプキンス
f0233310_0285867.jpg
エレベータも歴史を感じさせるもので、趣があっていいですね。パネルに「T」と表示されていますが、これは最上階にある「Top of The Mark」です
f0233310_2201872.jpg
お部屋をアップする前にご紹介しますが、製氷機は11階にあります。製氷機を一つをとってもレトロな雰囲気がいいですね。
f0233310_2225377.jpg
宿泊する15階に到着。どんな部屋か期待が膨らみます。



 部屋に入る前から、ホテルの荘厳で優雅な雰囲気を感じることができました。私はクラシカルなホテルより、新しくて機能的なスタイリッシュなホテルの方がどちらかといえば好きなのですが、このホテルの雰囲気の素晴らしさに魅了されてしまいました。
 次の記事から部屋をアップします。

by eseaisaika | 2010-07-18 00:06 | インターコンチネンタル(北米)

マッカフィーコロシアムでメジャーリーグ交流戦を観戦{2010年6月}

f0233310_6494969.jpg

AT&T PARKでレッドソックス戦を観戦した翌日はサンフランシスコの対岸のオークランドへ行きました。

ここでもオークランドアスレチックスの本拠地マッカフィーコロシアムで交流戦を観戦しました。AT&T PARKの席よりもグラウンドに近い一塁側のフィールドボックスシートでの観戦でしたが、臨場感があり、かなり楽しめました。
f0233310_756539.jpg
サンフランシスコからオークランドへは車で1時間程で到着。サンフランシスコではゲイパレードがあり、渋滞しましたので、思ったより時間がかかってしまいました。
f0233310_7592660.jpg
マッカフィーコロシアムの駐車場。AT&T PARKの駐車場でもそうでしたが、驚いたことにアメリカではスタジアムの駐車場でバーベーキューをするのが普通のようです。
日本では考えられないですよね。
f0233310_882782.jpg
一塁側のフィールドボックスシート。グラウンドからこれほど近い席で観戦したことがなかったので、大興奮。
f0233310_8115542.jpg
観戦した日は日曜日で球団のイベントの日だったらしく、10000名に写真のタオルが配布され、私達は入口で受け取りました。タオルは立派なもので、メジャーのファンサービスに感激しました。その他、フィールドボックスシートはピーナツや球団の情報誌などが無料で配布され、飲み物を買いに行かず、係員に注文すれば持ってきてくれます。
f0233310_8145724.jpg
対戦相手はピッツバーグパイレーツです。そうなんです!岩村が所属していた球団です。友人と日本人選手を間近で見たいと話していました。野手の岩村なら毎日試合に出るから見れると2か月以上前から予約していましたが、まさか岩村が戦力外になるとは・・・・・・
f0233310_8202573.jpg
マッカーフィーコロシアムはレフトとライトの両翼が同じ長さで、日本と同じ左右対称型の球場です。
f0233310_8223755.jpg
日本と違ってフェンスもなく、フィールドボックスはグラウンドから近いので臨場感があります。ファウルボールが飛び込んできそうで、結構スリルがあります。
f0233310_8413184.jpg
レフト側にはバーベキューテラスがあり、バーベキューを楽しみながら観戦できるようです。
f0233310_8425549.jpg
ホットドッグ用のケチャップやマスタードがここにもありました。
f0233310_8442090.jpg
球場で野菜を売っているのはびっくりしました。ファーマーズマーケットから直送のようです。
f0233310_8453341.jpg
フィールドボックスシート利用者は球場内で10ドル分使えるようで、暑かったのでアイスを注文しました。
カップに入っていたアイスは結構な量でした。
f0233310_8482965.jpg

f0233310_8491571.jpg
外野席の上段にはアスレチックスが強かった時代に活躍した選手たちの名前がありました。盗塁王を何度も獲得したリッキー・ヘンダーソン(24)やメジャー歴代屈指のクローザーのデニス・エカズリー(43)。
 ただ、私の中でアスレチックスといえば、本塁打王を獲得したマークマグワイアとメジャー史上初の40本塁打、40盗塁のホセ・カンセコの「バッシュ・ブラザーズ」を思い出しますが、2人の名前と背番号(カンセコが33、マグワイアが25)はありませんでした。
AT&T PARKにもバリーボンズの名前がなかったこと同様、薬物問題の渦中の人物にはファンの目が厳しいということでしょうか。
f0233310_8595827.jpg
フィールドボックスからブルペンはすぐ近くでした
f0233310_904363.jpg
さて、試合の方はパイレーツのエラーが結構多くて、前日のサンフランスシスコでの試合と違って、あまり締まった試合ではありませんでした。
f0233310_94669.jpg
お互いに決め手を欠き、試合が進みましたが、パイレーツが追いついて2対2に。このまま延長戦かと思われましたが、
8回裏にアスレチックスの4番日系アメリカ人のカート・スズキがホームランを放ち、これが決勝点に。あまりいい試合とは言えませんでしたが、地元のオークランドファンはこれで大喜び。
このスズキのホームランはキャッチャーへのファウルフライを落球した後でしたので、パイレーツとしてはファウルフライを取っていればスリーアウトだったので、パイレーツのキャッチャーは相当悔しかったのでは。


 フィールドボックスシートでの観戦は間近で観戦できるほかに様々な特典などがあり、非常に楽しかったです。
 残念だったのは岩村が出場できなかったこと。セカンドの岩村が出場していれば、一塁側だったので、近くで見ることができましたし、声援を送れば、チェンジの際に日本人の私達の方にボールをなげこんでくれたかもしれないと考えると本当に悔やまれます。

 サンフランシスコとオークランドで観戦しましたが、次回は2球団観戦できるシカゴかロサンゼルスに行きたいなと思っております。

by eseaisaika | 2010-07-16 06:49 | 野球観戦

AT&T PARK見学ツアーに参加{2010年6月}

f0233310_22524181.jpg


 レッドソックスとの交流戦を観戦した2日後、再びAT&T PARK内を見学するツアーに参加しました。ダッグアウトやスイートルームなど、普段見ることのできない場所を訪れることができたのは良かったです。

f0233310_22395513.jpg
ツアーの料金は16ドルとかなりお手頃な料金です
f0233310_22402993.jpg
ツアーの集合場所はショップの2階です。前日、オークランドで観戦しましたが、アスレチックスのショップよりこちらの方が店舗が大きく、グッズもたくさんあり充実しています。
f0233310_224434100.jpg
ツアーに参加された方はこの日のナイトゲームがドジャース戦だったせいか、ロサンゼルスの方が多かったです。
友人は仕事だったため、日本人は私1人でした。ドジャースの先発は黒田かなと期待していましたが、ドジャースファンの方によると黒田は2日後に先発するとのこと。
黒田がこの日に先発していたなら、ジャイアンツの先発も好投手ジトだったので、3日連続で観戦していたことでしょう。
f0233310_22465717.jpg
ツアーではビジターの施設を見学するようです。
f0233310_22485665.jpg

f0233310_22493465.jpg
バッティングゲージ
f0233310_2250492.jpg
アメリカでもティーバッティングってあるんですね。
f0233310_22541597.jpg
ビジター側のダッグアウトへ。ホームのジャイアンツ側はもっと設備が良いそうです。
f0233310_22563093.jpg
ダッグアウトって思ったより、横に長く広いなと感じました。
f0233310_22575248.jpg
グランドに出て撮影しました。日本と違って人工芝ではなく天然芝に感動。
f0233310_22595097.jpgバックネット裏の席にはモニターが。かなり近い距離で観戦しているのになぜ?と思ったのは私だけでしょうか。
f0233310_2332816.jpg
今度はプレス席へ
f0233310_2341915.jpg
プレス席はやはり見晴らしがいい場所にありました。
f0233310_2353085.jpg

f0233310_2355527.jpg
f0233310_2363450.jpg
今度はビューレベルの席へ移動
f0233310_2372172.jpg
天気が良くて景色が素晴らしい!ガイドの方が大リーグのチケットは対戦カードや先発ピッチャーによって料金が変動することを話されていました。2日前に観戦したレッドソックス戦や今晩行われるドジャース戦は料金が高く、対戦相手がオリオールズだったらもっとも安いとのことです。
f0233310_2381924.jpg
レフト側にはウィリーメイズ(24)など、歴代のジャイアンツの名選手の番号が掲載されています。驚いたことに年間ホームランの記録を塗り替えたバリーボンズの番号がありませんでした。薬物問題がありましたからねぇ。
 ガイドの方がメジャーで最も偉大な選手は黒人初のメジャーリーガーのジャッキーロビンソン(42)だと力説していました。
そういえば、日本でプレーする外国人選手の背番号が日本人にはあまりピンとこない数字の42番をつける選手が多いなと感じていましたが、そういうことでしたか。
f0233310_23114814.jpg
スタジアムからはベイブリッジも見ることができます
f0233310_23124951.jpg
観戦していた時、レフトスタンドにあったコカコーラの巨大なオブジェは何かなと思っていましたが、滑り台のようです。子供もスタジアムで楽しめるように配慮されています。
f0233310_2315292.jpg
サンフランシスコ名物ケーブルカーがここにもありました
f0233310_23155079.jpg
最後はスイートルームへ
f0233310_23162341.jpg
スイートというだけあって、室内は広く、食事もできます。ただ観戦するお値段を聞いてびっくりでしたが。
f0233310_23184198.jpg
f0233310_2319458.jpg
至る所にこのような格言?がありました
f0233310_23201844.jpg

f0233310_23205399.jpg


 見学ツアーは1時間ちょっとでしたが、普段見ることのできない施設など見学できたこと、ガイドさんによるメジャーリーグの運営方法や歴史などを聞くことができて大変興味深いものでした。

 観戦するならデーゲームがいいなと思っていましたが、昼間に見学ツアーに参加して、ナイトゲームを観戦するのもいいかもしれませんね。
 見学ツアーは手ごろな料金で参加できるのでいいなぁと思いました。

by eseaisaika | 2010-07-14 22:38 | 野球観戦

AT&T PARKでメジャーリーグ交流戦を観戦{2010年6月}

f0233310_20454694.jpg
 
 今年の夏休みはサンフランシスコでメジャーリーグ観戦すると決めていました。
サンフランシスコジャイアンツの本拠地AT&T PARKは海沿いにあるので、景色もきれいで
、日本の球場との違いを体験でき有意義な観戦でした。

f0233310_20461871.jpg
対戦相手はボストンレッドソックスです。レッドソックス戦は6年ぶりとあって、ボストンのファンも多く、スタジアムは大変盛り上がっていました。レッドソックスの松坂が先発だといいなと期待してましたが、2日前に松坂は投げていたので、この日は出番がなかったのは残念。
f0233310_20491427.jpg
こんなに景色がきれいなスタジアムって日本にはありませんよね。
f0233310_20552571.jpg
日本の球場と違って目の前にフェンスがないので選手との距離が近く感じるのはいいですね。
f0233310_20584566.jpg
ジャイアンツは今、下位で弱いようですが、熱狂的なファンが多く、アウト1つとっただけでも試合に勝ったような大騒ぎ。私が好きな千葉ロッテマリーンズのかなり弱かった時期と似ていて親しみを持ちました。
f0233310_2161355.jpg
サンフランシスコ在住の友人と観戦しましたが、この店のガーリックポテトがかなり美味しいとのこと
f0233310_2181690.jpg
噂のガーリックポテトです。評判通りかなり美味しかったです。メジャーのスタジアムには名物フードがあるようです。日本でも各球場に名物フードあるといいんですが。
f0233310_21125744.jpg
f0233310_21132896.jpg
ホットドックを買いましたが、驚いたことに日本の球場とは違ってメジャーではマスタード、ケチャップなどは自分でかけます。このあたりはアメリカらしいですね。
f0233310_21201948.jpg
友人と二人でやはり日本人選手が見たいと話していました。隣に座っていたレッドソックスファンによると岡島は2日前から登板していないとのこと。レッドソックスが2本のホームランなどで4点を先制し、ずっとリードが続いていたので、期待していませんでしたが、ジャイアンツも反撃して2点差でいよいよ岡島登板。オカジ、頑張れ!と2人で声援を送りました。
f0233310_21261726.jpg
声援もむなしく、いきなり先頭打者に2塁打。アウェーだし、右打者が続くので大ピンチ。
f0233310_21282468.jpg
岡島にとって大ピンチでしたが、右バッター2人を抑え、最後の左バッターには得意のカーブで三振にしとめた時は友人と大興奮。隣のレッドソックスファンと思わずハイタッチ。
この試合の山場だったこともあり、追撃に失敗した地元ジャイアンツのファンはスタジアムを後にする人も多かったです。まだ2点差なのにと思いましたが、自由気ままに野球観戦するのがメジャーのスタイルなのでしょう。
f0233310_21341932.jpg
7回に登板した岡島の後は、8回はバード、9回はメジャー屈指のクローザー、パベルポンが3者凡退で締めてレッドソックスが勝利。岡島が観れたのは良かった。
f0233310_2140970.jpg
AT&T PARKには画像の無料で観戦できる立ち見席があります。メジャーのスタジアムは日本より独自性というか個性があっていいですね。

 メジャーリーグ観戦はこれまでニューヨーク(旧ヤンキースタジアム)、トロント(ロジャースセンター)に続いて3回目でしたが、日本とは違ってフェンスがないので、観客と選手との距離が近いことと、スタジアムの広さが各々違って、それぞれのスタジアムに個性があるのがいいなと感じました。

 生きているうちにメジャー30球団のスタジアムに行ければと思っています。

by eseaisaika | 2010-07-12 20:53 | 野球観戦

JL002便でサンフランシスコへ{2010年6月}

f0233310_2174466.jpg


 先月末、メジャーリーグ観戦と現地在住の友人に会うためサンフランシスコに行きましたが、JAL便を利用しました。
まずは行きのJAL002便のNRT(成田)→SFO(サンフランシスコ)をアップします。

 最安値のエコノミークラス(Y)で予約しましたが、チェックインの際にスタッフから「Yが満席で、お客様はJALグローバル会員(JGC)でいらっしゃいますので、通路側の1ランク上のプレミアムエコノミークラス(PY)にアップグレードさせていただきますが、いかがでしょうか?」と嬉しい提案がありました。
アップグレードしていただけるなら、通路側でも窓際でも構わないと思っていましたので、これはラッキーでした。

 親しいJGC会員でかつダイヤモンド会員の友人から、運が良ければJGC会員はYで予約してもPYにアップされるよと聞いていましたが、実際にアップされてよかったです。

f0233310_2195012.jpg
JL002便は18:10発で、前泊していたので待ちくたびれました。
f0233310_21115024.jpg
プレミアムエコノミー(PY)にアップグレードされました。
f0233310_21133655.jpg
PYはエコノミー(Y)よりは窮屈に感じなかったのは良かったです。
f0233310_21154726.jpg
スリッパやノイズキャンセリングヘッドホンなどが利用できるのは長距離路線ではありがたいですね。
f0233310_21172954.jpg
歯ブラシなどのアメニティが提供されるのも助かります。
f0233310_21184021.jpg
一番良かったのはこれです。パソコンを利用したかったので、飛行中かなり長い時間パソコンが使えて良かったです。
f0233310_21204428.jpg
夕食です。たいめいけんのビーフストロガノフ又は鶏竜田と肉団子の柚子あんかけの2種類から選択。私は後者を選びました。機内食はYクラスと同じなのかな。
f0233310_2126227.jpg
アルコールはビールやワイン、ウィスキー、焼酎、梅酒のほかにシャンパンも提供されています。
f0233310_2128228.jpg
初めて「そばですかい」を食べました。思っていたよりカップが小さめなんですね。
f0233310_213023100.jpg
ディーン&デルーカのスーパープレミアムアイスクリーム。大好きなバニラ味で美味しかったです。
f0233310_21315314.jpg
到着前の機内食。全体的にイマイチかなぁ。特に大好きなフレンチトーストがイマイチなので、ホテルオークラのフレンチトーストが恋しくなりました。
f0233310_2134044.jpg
約9時間のフライトでSFOに到着。SFOには航空博物館があるそうで、先月はJALを特集するとのこと。歴代のJALの機内食、CAさんの制服などが展示されているようです。到着した日はそのままメジャーリーグ観戦に行くので、帰国便に搭乗する前に見に行きましょう。


 中国や韓国の近距離であれば、Yでもいいのですが、長距離路線だとYだと結構つらいので、このアップグレードは本当に助かりました。

 席は17Dでした。最前列で足を伸ばせるのはいいのですが、ビジネスより大きくパソコンを利用するのに便利なトレーを有効に使えなかったのが残念でした。


機内食もエコノミーと同じだと思います。
ディーン&デルーカのアイスクリームとシャンパンが提供されたり、歯ブラシなどアメニティのがついていたのはよかったです。

by eseaisaika | 2010-07-09 21:01 | 飛行機(JAL修行)