ザ・キャピトルホテル東急に宿泊(デラックスキング){2010年10月}

f0233310_16121727.jpg


 次は友人の宿泊したデラックスキングをアップします。


f0233310_20165223.jpg

f0233310_20172065.jpg

f0233310_20175752.jpg

f0233310_20251694.jpg
f0233310_20254762.jpg


デラックスキングは広さが45㎡で、コーナーツインほど広くはありませんが十分な広さです。
 お部屋のレイアウトですが、中に入り、そのまま進むと左側にミニバーや冷蔵庫があり、そのまま進むとベッドルームです。
 バスルームはお部屋に入って、すぐに左側にドアがあります。そのドアを開けて中に入るとバスルームです。
 お部屋の入口・バスルームとベッドルームは大きな障子で仕切られているのがユニークでした。

 今月初めにこのホテルがテレビ東京系の「ガイヤの夜明け」で放映されていました。
2007年以降に東京で相次いで開業した高級外資系ホテルに対抗するために満を持して開業したようで、ライバルはリッツカールトンと公言していたのを見ました。
 
 私はどちらのホテルにも宿泊しましたので、リッツとキャピトルの両者の比較してみたいと思います。

 ●お部屋の雰囲気 リッツ=キャピトル 

リッツのヨーロピアンクラシックな雰囲気、キャピトルの和を感じさせる雰囲気、どちらも素晴らしいと思いますので、これは利用者の好みかな。

 ●お部屋の設備 リッツ>キャピトル

DVDプレヤーやカーテンが電動ではないキャピトルと比較すると、これは断然リッツでしょう。


 ●お部屋の居住性 リッツ>キャピトル
 リッツは全室50㎡以上ありますので軍配があがりますが、キャピトルもそれほど狭くは感じませんでした。
ほぼ互角といってもいいかなと思います。

 ●バスルーム  リッツ>キャピトル
 
 豪華な造りと広さの点ではリッツの方が優れていますが、キャピトルのコーナーツインは洗い場付きで使いやすい(リッツはバスタブとシャワーブースが離れているのが若干不便に感じる)、しかもビューバスで眺望も楽しめますので、コーナーツインであればリッツよりも機能性では優れていると感じました。


 ●バスアメニティ(シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローション、石鹸)

 キャピトル>リッツ 

 アジアのホテルで初めて採用された「Asprey」のリッツとホテルオリジナルのキャピトルと、お互い独自のアメニティですが、リッツのAspreyは香りが独特で好みが分かれるのに対し、キャピトルの日本を感じさせるアメニティの方が日本人だけでなく外国人にも受けると思います。

 ●上記以外のバスアメニティ リッツ>キャピトル
 
 キャピトルは上記以外のバスアメニティからはコストカットに懸命な点がうかがえます。
例えば、スリッパを見ても、リッツなどの外資系ホテルはふかふかで履き心地がよいですが、キャピトルのものはお持ち帰りは可能ですが、履き心地はイマイチです。

 ●お部屋の眺望  キャピトル>リッツ
 
 これは妻と意見が分かれました。妻はリッツの東京タワービューには勝てないでしょうとのことでしたが、ベストビュー(リッツの東京タワーとキャピトルのコーナーのワイドな眺望)を比較すると、リッツかなと思いますが、リッツの東京タワービューはどの部屋でも見れるわけでもなく、東京タワー以外のお部屋との料金の差額もかなりあります
 対してキャピトルの眺望は山王タワー側を除く、デラックスキング、コーナーツインであればかなり近い位置で国会議事堂を見ることができますし、コーナーツインであれば国会議事堂だけでなく、東京スカイツリーや新宿副都心の眺望も楽しむことができます。
 リッツの東京タワー以外のお部屋は高層階で抜けのいい眺望ですが、六本木ヒルズ以外はあまり目立った建物がないので、リッツよりキャピトルの方が多くの宿泊者が眺望を楽しめる点から、キャピトルの方がいいかなと感じました。

 ●客室係のサービス リッツ>キャピトル

 クラブフロアがないホテルではゲストとスタッフとの接する場面はチェック/イン・アウトで利用するフロントとアメニティの追加で利用する客室係ぐらいですので、私はホテルの客室係のサービスを重視します。今回、キャピトルに宿泊しましたが、両ホテルを比較して、最も差が出た点でした

 リッツの客室係の方は電話応対、リクエスト(例えばシャンプーなどのアメニティの追加など)を受けてからお部屋に到着する時間や実際にお会いした時の対応の全てが素晴らしく、他のホテルとの違いが鮮明に表れます。
 キャピトルの場合は週末だったこともあったのでしょうが、アメニティの追加をお願いしましたが、スタッフの方がお部屋に届けてくれるまでかなり時間がかかりました。

 リッツの客室係と対抗できるのはおそらく帝国ホテルくらいでしょう。


 ●レストラン    おそらくリッツ>キャピトル
 
 せっかく宿泊したので、旧キャピトルで名を馳せたあの名店「オリガミ」を利用したいと思っていましたが、ディナーでは3種類のコースメニューしか提供されておらず、お値段もそれなりでしたので結局利用しませんでした。
 リッツは45階のレストラン「フォーティーファイブ」を朝食で利用したことがありますが、メニューも豊富で、高層階からの眺望も楽しめましたので、おそらくリッツの方がいいかなと感じました。


 両者を比較すると、現時点では明らかにリッツの方が優れている面が多いです。
ただ、バスアメニティや眺望などはリッツより優れている面もありましたので、利用者がイマイチだなと感じる点を改善し、国内のホテルではトップになり、リッツのライバルとしてキャピトルが成長すれば利用者としてもありがたいことです。

by eseaisaika | 2010-11-26 16:20 | ザ・キャピトルホテル東急

ザ・キャピトルホテル東急に宿泊(お部屋編プレミアコーナーツイン2){2010年10月}

 引き続きプレミアコーナーツインルームのバスルーム、眺望をアップします。
f0233310_8453468.jpg

f0233310_836031.jpg
ビューバスで、この窓からはプルデンシャルタワーや自由民主党本部の建物を眺めることができます。
f0233310_8411841.jpg
バスタブも深くて快適♪
f0233310_8424074.jpg

f0233310_8434329.jpg
レインシャワーも付いていました
f0233310_844375.jpg
シンク。
f0233310_8461258.jpg
脱衣籠、体重計
f0233310_846563.jpg
バストイレが別々になっているのは嬉しいですね。
f0233310_10255752.jpg
バスアメニティはホテルオリジナル。シャンプー、コンディショナーは竹の香り、シャワージェルはお茶の香り、バスソルトとボディローションはサクラをイメージした香りで、日本を感じさせる香りは日本人はもちろん、外国人に人気が出るのではないでしょうか。
f0233310_10303091.jpg
お茶の香りのする石鹸も良かったです。
f0233310_1047736.jpg
その他のバスアメニティ
f0233310_10312796.jpg
続いてお部屋からの眺望です。一番印象に残ったのはお部屋正面の窓から国会議事堂をかなり近い位置で見ることができることです。国会議事堂が見えるホテルはなかなかありませんが、ANAインターコンチネンタルホテル東京(以下、ANA東京と略す)くらいでしょうか。私はANA東京に宿泊するときは国会議事堂側のお部屋をリクエストすることが多いのですが、断然、キャピトルのこのお部屋の方がいいと思います。東京スカイツリーも見えるとは驚きました。国会議事堂の後方のビル群は東京駅周辺でしょうか。
f0233310_1044472.jpg
お部屋左側の窓からはプルデンシャルタワー、新宿副都心を眺めることができます。
f0233310_10544050.jpg
残念ながら宿泊した日は土曜日だったので、国会議事堂のライトアップはありませんでしたが、夜景もきれいです。
f0233310_10593024.jpg

f0233310_1103696.jpg


 旧キャピトルホテルから生まれ変わったホテルはどんな感じなのか宿泊する前から興味津々でしたが、お部屋は広くて新しく和の雰囲気が感じられて落ち着きのあるのが印象的でした。
設備はとても良いのですが、大きくて横に長い窓なのにカーテンが電動ではない、高級外資系ホテルでは標準装備のDVDプレーヤーがない、テレビのリモコンの案内が不親切だったなど、利用者への配慮がイマイチかなと感じたのが残念。
 バスアメニティやスリッパなどからも高級外資系ホテルに対抗したいが、コストカットに苦心されている様子が窺えます。
 ただ、窓からかなり近い距離で国会議事堂や東京スカイツリー、東京駅周辺のビル群、新宿副都心などを眺めることができるワイドな眺望は素晴らしかったです。
 次回はクラブフロアに宿泊したいですね。

by eseaisaika | 2010-11-21 08:48 | ザ・キャピトルホテル東急

ザ・キャピトルホテル東急に宿泊(お部屋編プレミアコーナーツイン1){2010年10月}

  

f0233310_941653.jpg
 先月の22日に東急ホテルズのフラッグシップホテルとして開業した「ザ・キャピトルホテル東急」に先月末宿泊してきました。
 以前のクラシックホテルとして名を馳せた「キャピトル東急ホテル」には宿泊したことがなかったので、楽しみにしていましたが、旧ホテルの和の雰囲気を取り入れながらも、モダンなお部屋の雰囲気を楽しむことができてよかったです。

 予約はいつもの一休.comさんから。
当初は男女4人で宿泊する予定だったので、プレミアコーナーツインを2部屋予約していましたが、宿泊日直前で妻の友人が宿泊できなくなり、妻と私がツインのお部屋を、もう一人の男性の友人がデラックスキングの
お部屋に宿泊することになりました。
 まずは私と妻が宿泊したプレミアコーナーツインのお部屋をご紹介させていただきます。

f0233310_935483.jpg
まずはアクセスから。地下鉄(千代田線・丸の内線)の国会議事堂前駅の5番出口または地下鉄(銀座線・南北線)の溜池山王駅の5番出口からホテルのある東急キャピトルタワーへ直結しており、アクセスはすこぶる良好です。私達は千代田線を利用してホテルへ行きました。
f0233310_9434046.jpg
ロビーのあるL階(通常なら3階でしょうか)に到着
f0233310_945582.jpg
L階にあるホテルのエントランス
f0233310_9472198.jpg

f0233310_94811100.jpg
ロビーはあまり広くなく、週末だったこともあり結構混んでいました。チェックインを担当した外国人スタッフのリチャードさんの日本語のご堪能ぶりに驚きながらお部屋へ移動。
f0233310_951272.jpg

f0233310_9514199.jpg
今回、宿泊したのは22階のプレミアコーナーツインのお部屋(2201号室)です。
f0233310_10152584.jpg
お部屋の雰囲気は和風モダンといったところでしょうか。今まで宿泊したホテルの中ではハイアットリージェンシー京都に似ていますね。
f0233310_1016675.jpg
広さが57㎡あるので、広々としています。窓が大きくて開放感もありますね。
f0233310_1021153.jpg
宿泊日が妻の友人の誕生日と近いので、そのお祝いも兼ねて宿泊するとリクエストしたところ、このとらやの羊羹をホテルからいただきました。
f0233310_2336324.jpg
120cmのセミダブルベッド。ツインの割にはベッドが大きいのは嬉しいです。
f0233310_23381311.jpg
液晶テレビは東芝のレグザでした。
f0233310_23435596.jpg
照明も和の雰囲気を感じさせます。
f0233310_2349161.jpg
かなり大きめな空気清浄機
f0233310_23501881.jpg

f0233310_2339925.jpg
ミニバー
f0233310_23394116.jpg

f0233310_23401712.jpg
コーヒー、紅茶、緑茶、ほうじ茶のティーバック。お茶のティーパックだけ、またはコーヒーしか用意されていないホテルも結構あるかと思いますが、これだけ揃えていただけるのはありがたいですね。
f0233310_23432161.jpg
冷蔵庫
f0233310_23515642.jpg
クローゼットも広めなのは良かった。
f0233310_2352429.jpg
バスローブはホテルのロゴ入りです。
f0233310_23531193.jpg
スリッパはお持ち帰り可能ですが、東京にある高級外資系ホテルに比べると高級感がないかな。
f0233310_23543320.jpg
パジャマも準備されています。

 バスルームと眺望をアップしたかったのですが、長くなりそうなのでここで一旦切って、次の記事でアップします。

by eseaisaika | 2010-11-18 09:25 | ザ・キャピトルホテル東急

ホテルココ・グラン北千住に宿泊{2010年10月}

f0233310_1439588.jpg


 今年の8月に宿泊して好印象だったホテルココ・グラン北千住にまた宿泊してきました。
今回もハイクラスなビジネスホテルで快適に過ごすことができました。
f0233310_14402329.jpg
フロントで会員カードを提示し、後ろにある自動チェックイン機でチェックインしました。
f0233310_14415032.jpg

f0233310_14421030.jpg
今回、宿泊したのは6階のデラックスダブルルーム(605号室)です。
f0233310_14431158.jpg
広さは19㎡あります。前回宿泊したスタンダードルーム(16㎡)より入口付近が広かったです。
f0233310_14444911.jpg
ミネラルウォーターはおひとり様1本無料なのは嬉しいですね。
f0233310_14455190.jpg
マッサージチェアとパジャマ。
f0233310_14463567.jpg
ベッドはシモンズ製です。
f0233310_1447568.jpg
マッサージチェアの後ろにある大きめの空気清浄機
f0233310_14485867.jpg
f0233310_14492985.jpg
液晶テレビも高級シティホテルと遜色ありません。
f0233310_14503777.jpg
f0233310_1451572.jpg
f0233310_14512091.jpg
冷蔵庫が空なのは個人的にはありがたいです。
f0233310_21562177.jpg
バスルーム
f0233310_21564984.jpg

f0233310_21571254.jpg
バスアメニティ
f0233310_21573036.jpg
トイレ
f0233310_23534011.jpg
このホテルの高評価の要因の一つがこの大浴場が挙げられるかと思います。15時からお風呂に入れましたので、チェックインした後、すぐに行きました。
f0233310_23564173.jpg

f0233310_2357220.jpg
昼間からのお風呂は気持ちがいいですね。お風呂から部屋に戻り、マッサージチェアを使っていたら、いつの間にか爆睡してしまいました。
f0233310_1452233.jpg
最後は眺望です。角部屋なので、2方向の眺め。マルイとわずかに電車が走っているのを眺めることができます。
f0233310_14535750.jpg
こちらは前回、宿泊したスタンダードルームと同じ眺望でした。

さすが楽天トラベルアワード2009の関東エリアシティ・ビジネスホテル部門において「お客様アンケート大賞」を受賞したのもうなずけます。
 今回はチェックアウトの日が仕事で朝早く出発しなければいけなかったので朝食が利用できなかったのが残念。
次回はホテルでの滞在時間を長めにして、ここでのホテルステイを満喫したいです。

by eseaisaika | 2010-11-15 14:54 | ホテルココ・グラン北千住

インターコンチネンタル東京ベイのクラブフロアリバービューに宿泊(クラブラウンジ編){2010年10月}

f0233310_22311554.jpg
 
次はクラブラウンジをアップします。
クラブラウンジは20階にあり、クラブフロア宿泊者はここでチェックイン/アウトを行います。
眺望はベイビューで、窓際の席を確保できればレインボーブリッジやお台場の絶景を楽しむことができます。
 今回はリバービューに宿泊したので、お部屋でリバービュー、クラブラウンジでベイビューと1度の滞在で異なる眺望を楽しむことができてよかったです。
f0233310_22294624.jpg
クラブラウンジはこじんまりとしています。
f0233310_2153067.jpg
早めにラウンジに行き、窓際の席を確保できました。すばらくするとカクテルタイムの時間に。まずはスパークリングワイン
f0233310_21545241.jpg
ここのオリジナルカクテルが好きで今回もオーダー。3種類のオリジナルカクテルがあります。画像は「Oceania」というオリジナルカクテル。
f0233310_21563944.jpg
2つ目のオリジナルカクテルは甘めの「hiddenplace」。
f0233310_21583226.jpg
3つ目のオリジナルカクテルは3種類の中ではアルコール度強めの「Green Sleeves」
f0233310_221678.jpg
クラブラウンジの眺望はベイビューです。
f0233310_222063.jpg
数年前に一番最初に利用した時はこの絶景に感動したものです。
f0233310_2255540.jpg

f0233310_2234284.jpg
次は朝食です。朝食はコンチネンタル形式です。
f0233310_2241657.jpg

f0233310_2245787.jpg

f0233310_2251893.jpg

f0233310_2261571.jpg

f0233310_2263139.jpg


 有明でのテニス観戦のために早めにホテルをチェックアウトしなければいけませんでしたが、クラブラウンジでカクテルタイムと朝食が利用できたので、それなりに楽しむことができました。
これまで結構利用しましたので、ラウンジのスタッフとも顔なじみになりました。
気さくな方が多くて、気持ち良くすごせるので、このホテルではついクラブフロアに宿泊してしまいます。
次回もクラブフロアに宿泊して、ホテルでの滞在時間をフルに楽しみたいものです。

by eseaisaika | 2010-11-09 23:40 | インターコンチネンタル東京ベイ

ホテルインターコンチネンタル東京ベイのクラブフロアリバービューに宿泊(お部屋編){2010年10月}


 
f0233310_23232298.jpg


 有明でテニス観戦するときは宿泊もしますが、ホテルは今年もホテルインターコンチネンタル東京ベイです。
 選手が宿泊するオフィシャルホテルのホテルグランパシッフィック・ル・ダイバにしたかったのですが、一休.comさんで東京ベイのクラブフロアを20000円で販売していたので、つい予約してしまいました。

f0233310_22261371.jpg
ホテルに宿泊する際は禁煙のお部屋をリクエストしていますが、このホテルのクラブフロアは22階と23階が禁煙フロアです。
f0233310_2229414.jpg
前回、リバービューの角部屋(末尾30号室)に宿泊しましたが、東京スカイツリーが見えなかったので、今回はりバービューでスカイツリーの見える部屋をリクエストしました。宿泊した部屋は2324号室です。

f0233310_22331273.jpg

f0233310_22335262.jpg
ベッドタイプはツインでした。
f0233310_22345376.jpg
アンバサダー会員のウェルカムギフト(チョコレート、ミネラルウォーター、フルーツ)。フルーツは冷蔵庫に入っています。
f0233310_22364516.jpg
ライティングデスク。日本のインターコンチネンタルホテルの中で、ここだけがインターネット利用料金が有料なのが不満です。
f0233310_22384469.jpg

f0233310_22394479.jpg
クローゼット。バスローブも準備されています。
f0233310_2240508.jpg
セーフティーボックス。引き出しにワンピース式のパジャマが準備されています。パジャマは上下セパレートの方がいいですね。
f0233310_22422997.jpg
コルビー製のズボンプレッサー。
f0233310_2243365.jpg
今回、宿泊して一番驚いたのが、今まではブラウン管のテレビでしたが、液晶テレビ(シャープのAQUOS)に変更されていたことです。テレビ台もなくなり、すっきりしていますね。
f0233310_2246552.jpg
バスルーム。全室シャワーブースが付いているのは利用者には嬉しいです。
f0233310_22471938.jpg
バスアメニティはおなじみのエレミス。
f0233310_22481420.jpg
バスタブ
f0233310_22493759.jpg
このバスソルトの香りは大好きです。
f0233310_22504593.jpg
楽しみにしていた眺望。スカイツリーもバッチリ見えて満足。
f0233310_225223100.jpg
夜景は相変わらず綺麗です。

  ようやくスカイツリーを見ることができてよかったです。
ここ2回リバービューに宿泊しているので、次回はベイビューに宿泊しようかな。

by eseaisaika | 2010-11-05 23:11 | インターコンチネンタル東京ベイ