世界遺産 平泉へ日帰り旅行

  昨年、観光英語検定(観光英検)を受験してからは世界遺産に関心があり、先週末に日本の世界遺産の中で一番行ってみたかった岩手県の平泉に行ってきました。
 
 
f0233310_22481561.jpg
平泉へは一人で車で行く予定でしたが、妻がJRの「びゅう」のサイトで日帰りでお得なプランを発見してくれたので、往復新幹線で行くことになりました。行きは東京駅から東北新幹線「はやて」を利用しました。
f0233310_2252956.jpg
新幹線で行くことができたので、すっかりリラックスモードです。折角新幹線で乗ったら、駅弁でしょということで朝食は牛タン弁当です。
この牛タン弁当、温かい状態で食べることができるのはありがたい。
f0233310_22545817.jpg
一関駅から平泉へは世界遺産リレー号を利用。新幹線が到着してから、待ち時間も少なくスムーズでした。
f0233310_22565592.jpg
一関から平泉は2駅とかなり近いのは意外でした。
f0233310_2324329.jpg

f0233310_2331513.jpg
平泉駅から出てすぐに観光案内所があります。
f0233310_22404283.jpg
こちらも平泉駅からすぐで、観光案内所の隣にレンタサイクルがあり、観光スポットを自転車で移動することにしました。
f0233310_22433330.jpg

f0233310_2246061.jpg
先月、悲願の世界遺産登録が実現し、町全体が祝福ムードです。
f0233310_2244090.jpg
最初はお目当ての中尊寺の金色堂へ行くことに。
f0233310_2251215.jpg
金色堂までは思ったより坂がきつかったです。
f0233310_22535520.jpg
金色堂を見るには拝観券を購入することが必要で、拝観料は大人800円です。金色堂の内部は思ったほど広くはありませんでしたが、あの金色に輝いた金色堂は一度は見る価値がありますね。撮影できないのが残念。
f0233310_2258420.jpg
松尾芭蕉の有名な句「五月雨の降り残してや光堂」。あの豪華絢爛な金色堂を光堂と評されているのも納得です。
f0233310_230862.jpg
松尾芭蕉像
f0233310_2303889.jpg
金色堂覆堂。内部は木の香りが漂います。木造ですがかなり頑丈に作られ、先人の建築技術の高さが窺い知れます。
f0233310_2324894.jpg
野外能楽殿の白山神社へ。
f0233310_2334515.jpg
茅葺屋根が印象的でした。
f0233310_2342183.jpg
中尊寺本堂。
f0233310_2352074.jpg
弁慶堂
f0233310_2365166.jpg
中尊寺をまわった後は毛越寺(もうつうじ)へ自転車をこいで行きました。毛越寺は平泉駅から近かったので、最初に行けばよかったかな。拝観料は大人500円でした。
f0233310_23102380.jpg
この浄土庭園は緑が多くて癒されます。
f0233310_23115853.jpg
f0233310_23123055.jpg
毛越寺をまわった後は画像の平泉文化遺産センターへ行きました。
f0233310_23185499.jpg
ここは入場無料ですが、館内で平泉の歴史や奥州藤原氏について、詳しく説明されており、とても勉強になります。最初にここを訪れてから観光スポットをまわるといいかもしれませんね。
f0233310_23165322.jpg
毛越寺でみかけた「中尊寺ハス」もセンター内に模型があり、説明もされていました。実際はけっこう大きくて淡いピンク色の花びらがきれいです。
f0233310_23345885.jpg
源義経最期の地、高館義経堂(たかだちぎけいどう)にも行ってみることにしました。この日は毛虫が大量発生していたこともあり、傘をさして拝観しました。
f0233310_2338289.jpg

f0233310_23393651.jpg
義経の資料館もあり、義経の歴史、源氏の家系図などが展示されています。平氏を滅亡させた後は義経は1年間でかなり配置転換した時期があり、兄の頼朝が相当、義経を脅威に感じていたのがわかりました。
f0233310_23444436.jpg
松尾芭蕉のこちらの句も有名ですね。
f0233310_23453539.jpg

f0233310_23192175.jpg
お腹がすいてきたので、ランチが提供される中尊寺から近くの「平泉レストハウス」へ向かいます。途中で見かけた「ほっかほっか亭」。観光ブームに乗った感じですが、ここには今までみた「ほっかほっか亭」では見かけなかったドライブスルーがあったのには驚きました。
f0233310_23242762.jpg
ようやく平泉レストハウスへ到着。ここではランチが提供されるだけでなく、手荷物も預かっていただき、大変お世話になりました。レンタサイクルのスタッフの方もそうでしたが、平泉の方は優しい方が多いなと感じました。
f0233310_23272586.jpg
ランチは前沢牛のすきやきでした。出来立てを食べることができるのは嬉しいです。
f0233310_23284314.jpg
ランチの後はお土産を購入して、自転車を返却するために平泉駅方面へ戻ろうとしましたが、いきなり雨が降ってきたので、妻と2人で全速力で自転車をこぎました。途中の無量光院跡や柳之御所遺跡も行きたかったのですが、泣く泣く断念。
f0233310_23471269.jpg
平泉駅で無事に自転車を返却し、一関駅から新幹線(やまびこ号)でその日のうちに帰宅することができました。

 日帰りで、平泉では見どころも多かったのですが、十分楽しむことができました。
震災の後なので、人も少ないのかなと思っていましたが、結構賑わっていました。世界遺産というネームバリューはすごいですね。
 平泉は世界遺産登録を見送られた時期もありましたが、先月、晴れて世界遺産登録が決まり、町全体が祝福ムードだったのが印象的でした。東北ではいまだかつてない大震災に見舞われましたが、世界遺産平泉が東北の復興へのシンボルとなってほしいなと思います。

by eseaisaika | 2011-07-28 23:03 | 観光地(世界遺産)

ハイアットリージェンシー東京に宿泊(お部屋編){2011年5月}

f0233310_11295293.jpg


 妻のハイアット修行で、およそ1年ぶりに宿泊しました。
ハイアットゴールドパスポート(GP)修行用のホテルということで、あまり期待はしていませんでしたが、以前よりクラブラウンジ(リージェンシークラブ)のフード類が充実しており、思っていたより居心地のいい滞在でした。

f0233310_11353839.jpg
今回、宿泊したのはリージェンシービュールームダブル(2330号室)です。
f0233310_11411622.jpg
改装前の部屋は殺風景な感じでしたが、改装されたお部屋はスタイリッシュでいい雰囲気です。
f0233310_11475448.jpg

f0233310_11394293.jpg
ベッドの寝心地もなかなか良いです。
f0233310_11421256.jpg
窓際にある円形の机や椅子もおしゃれです。
f0233310_11442173.jpg
GPダイヤモンド会員へのウェルカムギフト。パークハイアット東京やグランドハイアット東京のウェルカムギフトと比べると、見劣りするのは否めませんが、このマドレーヌが美味しいのでお気に入りです。
f0233310_1149795.jpg
バスローブも準備されています。
f0233310_11494824.jpg
部屋に入るとすぐ右側にトイレがあります。トイレが個室になっているのもいいですね。
f0233310_11513144.jpg
続いてバスルームです。バスルームも改装されてからはかなり良くなって快適です。
f0233310_11525012.jpg

f0233310_11532453.jpg
バスタブ
f0233310_115434.jpg
シャワーブースもあるのはありがたいです。唯一の不満といえば、ハイアットオリジナルのバスアメニティ(シャンプーやコンディショナー、シャワージェル)がイマイチぐらいでしょうか。
f0233310_11554496.jpg

f0233310_1157898.jpg
部屋からの眺望。都庁が見えるお部屋でした。


 改装されたお部屋はそれほど広くはありませんが、お部屋の雰囲気だけでなく、トイレが個室になったことやシャワーブースが付いたことで、以前のお部屋より格段に過ごしやすくなりました。
 来月にも妻が宿泊を計画しているようですので、次回の宿泊が楽しみです。

by eseaisaika | 2011-07-26 11:39 | ハイアット(関東)

AMEX無料宿泊券でペニンシュラ東京に宿泊(プール、フィットネス編){2011年5月}

  ペニンシュラに宿泊するのであれば、プール、フィットネスは外せないとういことで、今回も利用しました。

f0233310_1602239.jpg
ゴージャスなプール。
f0233310_1615864.jpg
フィットネスジム。シューズやTシャツも無料でレンタルできます。マシンもある程度そろっているのですが、腹筋を鍛えるマシンがなかったのが残念。
f0233310_1663547.jpg
ミネラルウォーターやおしぼりも自由に利用できるのはありがたいです。

 プール、フィットネスジムはペニンシュラの中では東京が一番充実しているのではないでしょうか。海外のホテルでプールやフィットネスを利用する際は水着やウェアを持参しなくてはいけないところがありますが、東京は良心的ですね。
 来月はバンコクのペニンシュラに宿泊する際は水着を持参しなくては。
バンコクではテニスをするので、もしかして疲れてプールやフィットネスを利用しないかもしれませんが。

by eseaisaika | 2011-07-24 16:12 | ペニンシュラ東京

AMEX無料宿泊券でペニンシュラ東京に宿泊(お部屋編){2011年5月}

f0233310_9402712.jpg


 昨年、12月にアメリカンエキスプレス(AMEX)・ペニンシュラ東京提携ゴールドカードに入会した際に、いただいたペニンシュラ東京デラックスルーム無料宿泊券がまだ残っており、私の誕生日の日はちょうど休みだったので、この券を使うことにしました。
 今回は追加料金(約17000円)を支払い、まだ宿泊したことのないグランドデラックスルームに宿泊しました。

f0233310_9474773.jpg
こちらが無料宿泊券です。電話予約した後、氏名、AMEXのカード番号などを記入して、チェックインの際にフロントのスタッフに渡せば手続き完了です。電話での予約の際に対応していただいた古橋さまには、有償アップグレードやゼネラルマネジャー(GM)へのサインなど、様々なリクエストに対応していただき、この場を借りて、お礼申し上げます。
f0233310_1014365.jpg

f0233310_1022476.jpg
今回、宿泊したのは20階のグランドデラックスルーム(2020号室)です。
f0233310_105970.jpg
部屋に入るとすぐ左側にデラックスルームではドレッシングエリアに設置されていたシューシャインやアメニティを追加する際に利用するバレーボックスがあったのには驚きました。
f0233310_1084030.jpg
こちらのバレーボックスはデラックスのものより大きめでした。
f0233310_10104844.jpg
宿泊したグランドデラックスルームの両隣はスイートルームのため、コネクティングルームになっており、部屋を入ってすぐ、左右に写真のドアがあります。
f0233310_10135090.jpg
部屋の通路。先に進んでいくと、左側にバスルーム、右側にドレッシングエリアがあり、さらに奥に進むとベッドルームと、配置はデラックスルームと同じですが、入口からベッドルームまで行くのがデラックスより長いです。
f0233310_6521840.jpg
ベッドルーム。内装やレイアウトはスーペリアやデラックスとほぼ同じですが一面ガラス張りです。
f0233310_6562984.jpg

f0233310_658928.jpg

f0233310_715959.jpg

f0233310_7284457.jpg
電話機とペニンシュラならではのベッドサイドコントロールパネル。
f0233310_6594735.jpg
ウェルカムギフト。ホテルメイドのチョコレート「DAVI」の石鹸をいただきました。
f0233310_772821.jpg
ベッドルームと通路を仕切る橡(とち)の木の引き戸も和の雰囲気を演出しています。
f0233310_715128.jpg
大きくて食事をするのに便利なダイニングテーブル。
f0233310_7233645.jpg
ライティングデスク。
f0233310_7312988.jpg

f0233310_7245543.jpg

f0233310_7331452.jpg
ミニバーとエスプレッソマシン
f0233310_734138.jpg

f0233310_7343792.jpg

f0233310_7361444.jpg
続いてドレッシングエリアへ
f0233310_7364313.jpg
おなじみのネイルドライヤー
f0233310_737193.jpg
クローゼット
f0233310_7375569.jpg
ラッゲージスペースはかなりの広さです。
f0233310_91385.jpg
セーフティーボックス
f0233310_924548.jpg
浴衣も準備されています。
f0233310_8442729.jpg
続いてバスルーム。こちらもスーペリア、デラックスルームと同じです。
f0233310_8483345.jpg

f0233310_8485474.jpg

f0233310_8501543.jpg

f0233310_8505058.jpg



f0233310_8514378.jpg
バスローブ
f0233310_8531692.jpg
バスアメニティは引き出しの中にあります。
f0233310_859898.jpg
シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローション、固形石鹸は「DAVI」です。

f0233310_943256.jpg
最後は眺望です。以前デラックスパークビュールームに宿泊したことがありますが、その時より皇居外苑が近くから見え、開放的な眺望です。都心なのに緑が多くて癒されます。
f0233310_910577.jpg
日比谷公園も見ることができます。


 グランドデラックスルームは部屋の広さの他にバレーボックスが部屋の入口に近いところにあったことと皇居外苑や日比谷公園の素晴らしい眺望がスーペリアやデラックスルームとの違いのようです。
 スーペリアやデラックスに宿泊した時も眺望はあまりそれほど良くなくても、居住性が良いので満足でしたが、スイート以外では一番良い眺望の部屋を体験でき、誕生日に宿泊するには相応しい部屋でした。
 次回はまだ宿泊したことがないデラックスコーナールームに宿泊したいですね。

by eseaisaika | 2011-07-20 10:16 | ペニンシュラ東京

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルに宿泊{2011年5月}

 
f0233310_19503221.jpg

 
 5月中旬に妻の知人の結婚式が都内で行われることになり、自宅から行くよりは都内から行きたいと妻が希望しましたので、その前日にストリングスホテル東京インターコンチネンタル(以下、ストリングスと略す)に宿泊しました。
 ストリングスに宿泊するのは久しぶりでしたが、スタイリッシュな雰囲気と洗い場付きで機能的なバスルーム電車が見えるお部屋で快適に過ごせました。

f0233310_19521493.jpg
インターコンチネンタルホテルの会員組織Priority Club Rewards(PCR)のサイトからポイント(40000ポイント)を使って予約しました。お部屋は品川駅側のデラックスルーム(3013号室)にアサインされました。
f0233310_2062781.jpg
広さは30㎡くらいでしょうか。スタイリッシュな雰囲気は相変わらずです。
f0233310_20114391.jpg

f0233310_20121049.jpg
PCRのアンバサダー会員へのウェルカムギフト。有償ではなく、ポイントで宿泊してもいただけるのはありがたいですね。さらにストリングスはアンバサダー会員特典の16時までのレイトチェックアウトがポイントでも利用できるのが良心的です。ミネラルウォーターは以前は「Masafi」でしたが、クリスタルガイザーに変わっていました。
f0233310_20165858.jpg
寝心地の良かったベッド。私も妻も仕事が終わってからホテルへ行きましたので、お部屋に入った時にはすでにターンダウンが終了していました。
f0233310_20214877.jpg
窓側にあるデーベッド。妻は電車が好きなので、ずっと眺めていてそのまま寝てしまいました。
f0233310_2024189.jpg

f0233310_20245297.jpg
クローゼット。
f0233310_20252396.jpg
ズボンプレッサーも用意していただきました。
f0233310_20275896.jpg
次はバスルーム。シャワーブースはありませんが、洗い場付きなので、機能的で使いやすいです。
f0233310_20293586.jpg

f0233310_20303395.jpg
バスタブも十分な大きさと深さです。
f0233310_20311042.jpg
バスアメニティはエレミスです。以前よりボトルが小さくなったようです。入浴剤も準備されているのは嬉しいです。
f0233310_20325393.jpg
歯ブラシやレイザーなどは箱に入っています。
f0233310_20353276.jpg
続いて部屋からの眺望です。品川駅だけでなく、東京タワーや六本木ヒルズも見ることができます。ポイントで宿泊したのにいい部屋にしていただき感謝です。
f0233310_20374587.jpg
夜景もなかなか綺麗です。
f0233310_20384462.jpg
宿泊者はロビー横のビジネスルームでパソコンを使うことができます。
f0233310_20402720.jpg
コピー機は有料でしたが、ちょうどコピーしたい書類があり、タイミングが良かった。

  ストリングスは以前より宿泊料金が下がったので、利用しやすくなりました。
アンバサダー会員を更新した際にいただいた週末無料券の有効期限が今年の9月までですので、ここで利用してもいいかなぁ。

by eseaisaika | 2011-07-17 19:51 | インターコンチネンタル(品川)

ホテルニューオータニ東京エグゼクティブハウス禅に宿泊(クラブラウンジ編){2011年5月}

  年に1回の滞在で楽しみにしていたエグゼクティブハウス禅(以下、禅と略す)のクラブラウンジです。
サービスの内容は昨年と変化はないようですが、今回も素晴らしいクラブラウンジのスタッフのおかげで快適に過ごせました。
f0233310_615213.jpg
クラブラウンジは横に長く、お部屋同様、スタイリッシュな雰囲気です。
f0233310_6325324.jpg

f0233310_6171192.jpg
ティータイムで提供されるクッキーやマドレーヌ。
f0233310_613958.jpg
ティータイムではホテルメイドのケーキなどが提供されます。一口サイズで食べやすいです。
f0233310_6245119.jpg
ラウンジからの新宿副都心の眺望も素晴らしい!
f0233310_23283694.jpg
カクテルタイムで提供されるアルコール類
f0233310_23293047.jpg

f0233310_23301196.jpg
ソフトドリンクはこちら
f0233310_23305242.jpg

f0233310_2331263.jpg
チーズの種類が多いのはよかった。シャンパンやワインと合いますね。
f0233310_2333347.jpg

f0233310_23334789.jpg
ここからは朝食をアップします
f0233310_23345182.jpg

f0233310_23353527.jpg

f0233310_2336974.jpg

f0233310_2337719.jpg

f0233310_23374375.jpg
日本ではこのラウンジでしか食することができないピーエル・エルメのクロワッサン。
f0233310_23391362.jpg
クロワッサンの中でもかなり大きい部類ではないでしょうか。
f0233310_2340168.jpg
フルーツもあります。
f0233310_23412433.jpg

f0233310_2342230.jpg


今回もクラブラウンジスタッフのSさまにお世話になりました。
ニューオータニクラブ会員の誕生日特典のハガキを忘れてきてしまったのですが、ハガキを持参しなくても宿泊料金の割引を適用していただき、さらに急に筆記用具が必要になったのですが、Sさまにそのことを告げるとすぐに持ってきていただくなど、「ノーと言わないサービス」を体験でき、禅のスタッフのレベルの高さを改めて感じました。
 年に1度しか宿泊しないのに、私達夫婦のことを覚えていらっしゃるのは嬉しい限りです。
いつもお世話になっているkさまはチェックアウト直前にお会いすることができたのもよかったです。
ニューオータニにはあまりの居心地の良さに禅に宿泊してばかりで、タワー館にも宿泊してみたいのですが、この調子だといつになることやら。

by eseaisaika | 2011-07-15 06:26 | ホテルニューオータニ東京

ホテルニューオータニ東京エグゼクティブハウス禅に宿泊(お部屋編){2011年5月}

f0233310_1557296.jpg



  先月から記事を更新しておらず、ご訪問していただいた方にはご迷惑をおかけしております。
ようやく落ち着いてきたので、これからどんどん更新していきます。

 5月に宿泊したホテルニューオータニ東京のエグゼクティブハウス禅の宿泊記をアップします。
5月は私の誕生月で、ホテルニューオータニの会員組織ニューオータニクラブから、毎年、誕生月前後1ヶ月以内に利用できるお得な宿泊プランの案内が届きますので、今回も誕生日の一週間前に利用しました。
 昨年はデラックスルームの料金でジュニアスイートルームに宿泊しましたが、今回はスタンダードルームの料金でデラックスルームに宿泊しました。

 エグゼクティブハウス禅(以下、禅と略す)は日本のクラブフロアの中で私が一番気に入っておりますが、今回も禅のスタッフのおかげで素晴らしい滞在となりました。

f0233310_1653530.jpg

f0233310_1665852.jpg
お部屋までの通路。スタッフの話では震災の際には壁紙が剥がれ落ち、修復するのが大変だったようです。
f0233310_1683414.jpg
今回、宿泊したのはデラックスダブルルーム(1174号室)です。
f0233310_16111477.jpg
相変わらず、和の雰囲気でありながら、それでいてスタイリッシュな雰囲気が素晴らしい。広さは45㎡ですが、実際に宿泊すると数字よりも狭く感じます。調度品がたくさん配置されているせいでしょうか。
f0233310_16153435.jpg
誕生日ということでギフトが。バームクーヘンかなと思っていたら、今回はかりんとうでした。

f0233310_19194364.jpg
円形のライティングデスク。木目調で部屋の雰囲気とマッチしています。
f0233310_1921953.jpg
液晶テレビとズボンプレッサー
f0233310_19242568.jpg
ミネラルウォーターは「FUJI」。追加も可能です。
f0233310_21224871.jpg
クローゼット。それほど広くはありません。
f0233310_21253748.jpg
セーフティーボックス。引き出しには浴衣も用意されています。
f0233310_21271336.jpg
スリッパはふかふかしているわけではありませんが、丈夫で履き心地は悪くはありません。
f0233310_21303210.jpg
続いてバスルームです。
f0233310_21311664.jpg
狭く感じるベッドルームとは違って、バスルームは横に長くゆったりとしていて機能的です。
f0233310_21352154.jpg

f0233310_21355772.jpg
バスアメニティはサルバトーレ・フェラガモのタスカンソール。以前よりボトルが大きくなったかな?
f0233310_21373019.jpg
バスローブの生地の肌触りが抜群で気持ちがいいです。フェラガモのボディローション。オリーブアロマバスオイルも2種類あり、画像のピンク色がローズの香り、緑色のものがガーデンで、どちらもいい香りでした。
f0233310_21464448.jpg
炭をイメージした黒の石鹸もいい香りです。
f0233310_2149647.jpg
他のホテルではあまり見かけないレッグリフレッシュシートなどアメニティがたくさん準備されています。
f0233310_21505731.jpg

f0233310_21521684.jpg
部屋からの眺望。デラックスルームはローズガーデン側です。外では結婚式が行われていましたが、かなり暑そうでした。
f0233310_21543362.jpg

by eseaisaika | 2011-07-10 16:02 | ホテルニューオータニ東京