ペニンシュラ上海に宿泊(スタッフ・サービス編){2010年11月}

 今回の宿泊でペニンシュラホテル巡りは東京、北京に次いで3箇所目で、今回も予約した際に宿泊した記念に私の持参した本に上海のゼネラルマネージャー(GM)にサインをいただきたいとお願いしました。
チェックインの際にフロントスタッフに本を渡してくださいと返信のメールがあり一安心。

 ところが、ホテルに到着する前にバックの中から取り出そうとしたら、その本がない!
自宅を出る際には確認して持っていたはずなのに・・・・・
飛行機の中に置き忘れたのかなと思い、チェックイン際に事情を説明したところ、コンシェルジュのSimon Huangさんが「搭乗券をお借りできますか?虹橋空港に問い合わせて見ます。お部屋でお待ちください。」と対応していただきました
。結局、飛行機にも本が見つかりませんでした。
せっかく東京と北京でGMお二人のサインを頂いたのに、失くしてしまうとは申し訳ないことをしてしまったなぁとがっかりしていました。
まぁ、私の不注意なので仕方がないのですが。
 他に別の本を持っていたので、Simonさんに「ご迷惑をおかけしてすみません。代わりにこの本にGMのサインをいただけますか?」とお願いしたところ、
「私にいい考えがあります。明日までになんとかしますので、楽しみにしてください」と言われ、言われるがまま待つことに。

 翌日、チェックアウトの2時間前に部屋に電話があり、オペレーターから「今からスタッフがGMのサイン入りの本をお持ちしますが、お部屋に伺ってもよろしいでしょうか?」
と連絡がありました。本はお渡ししていないのにと思いながらもスタッフに来ていただきました。
 女性スタッフから「Mr.たか、この本にGMのサインが書かれています。お受け取りください」と言われ、差し出された
大きな本を見てみると、なんと!ペニンシュラホテル運営会社の香港上海ホテルズの歴史などが載っている「Beyond Hospitality」ではありませんか!
チーフコンシェルジュのSimonさんのサプライズに驚きました。
 本の内容は英文で書かれており、私には難解な本ですが、帰りの飛行機でずっと読んでいました。
「災い転じて福となす」といったところですが、私の不注意で皆様にご迷惑をおかけしたにも関わらず、Simonさんをはじめ上海のスタッフのおかげで思い出に残る滞在になりました。
 ここまでお世話になったので、上海を旅行した際はペニンシュラに宿泊しなくては。
スタッフの心遣いに感謝しながらホテルを後にしました。

f0233310_15485940.jpg
頂いた 「Beyond Hospitality」です。本は大きくて写真もカラーで見やすいのですが、英文なので読み応えがあります。この本を読んでいて、日中戦争、第2次世界大戦での日本軍の中国への進軍が香港上海ホテルズの運営するホテルにも影響を及ぼしているのがよくわかり、日中関係に影を落としているなと感じずにはいられません。
f0233310_18421178.jpg
上海のGMから頂いたサイン。次回からの宿泊ではこの本にサインをお願いするつもりです。

  驚いたことに帰国してからもサプライズがありました。
宿泊してから2日後にペニンシュラからメールが届いており、何かなと思ったら、メールの内容は私のコメントカードに対する返信でした。
 海外のホテルでもお世話になったスタッフに感謝の意味でコメントカードを記入することはありましたが、今までは返事をいただいたことはなかったので、大変驚きました。
しかもあまりにも速い返信だったのでなおさらでした。

 これらの出来事でますます海外のペニンシュラホテルに宿泊してみたいと思いました。
次に宿泊するペニンシュラホテルではどんな素晴らしいスタッフに会えるのでしょうか。
次回の宿泊が楽しみですね。


 ペニンシュラ上海は宿泊料金もそれなりにしましたが、宿泊してよかったです。
[PR]

by eseaisaika | 2011-01-16 15:53 | ペニンシュラ上海