ラディソンホテル成田でテニス{2012年8月}

 ラディソンに宿泊しようと思ったのはテニスが利用できることも理由の1つです。
ホテルのサイトで検索してみるとアクティビティが充実している感じだったので、期待していましたが、実際に利用してみても、テニスコートの状態も良く、さらにゴルフまでプレーできる充実ぶりに満足しました。

f0233310_148458.jpg


f0233310_140338.jpg
テニスコートへはエントラスを出てから、すぐ近くのウェディングガゼボを通ります。
f0233310_1413939.jpg
テニスコートの向かいにあるミニゴルフコース。80ヤードの1ホールのみですが、アプローチなどショートゲームを練習。夫婦で利用するゲストが多かったです。
f0233310_1454384.jpg
テニスコートは2面あります。
f0233310_146723.jpg
オムニコートで成田のホテルにあるテニスコートの中では一番状態が良かったです。

 ホテルでテニスをする際は1人ですることが多く、練習相手がいないので、バンコクではヒッティングパートナーに相手をしていただきましたが、このホテルでは受付の後ろの壁際にあるホワイトボードに自分の名前、プレーする日、部屋番号、自分のテニスのレベル(テニス暦)を記入して募集することが出来ます。
 幸いにも、バーベーキューブッフェを利用した後に部屋に戻ると、外国人の方から電話をいただき、翌朝、相手をしてもらえるとのことでよかったです。

 テニスコートは事前に予約しなければいけませんが、人気が高いようで、ほとんどの時間帯で埋まっていました。朝の7時から1時間プレーできました。
 翌朝、テニスコートで相手をしてくださる外国人の方とお会いしました。デルタのクルーでパイロットをやっているとのこと。体型も身長も高く、がっしりした方でテニスもパワフルな方でした。
 2人で少しラリーをしましたが、2人ともレベルは同じくらいだったので、シングルスの試合をすることに。練習のときは相手のパワフルなストロークと強い回転のサーブに押され気味でしたが、試合ではなんとか慣れてきて、打ち返すことができました。パワーではかなわないので、バックハンドのスライスとフォアハンドの緩い回転をかけてベースライン深くトップスピン打ち込み、ミスを誘う作戦が功を奏して、1セット取ることができました。

 まだ時間があったので、2セット目を入ろうとしたところ、妻がやってきて2人によく冷えたミネラルウォーターを持ってきてくれました。
 ここまでは妻の行いに感謝をしましたが、試合を続けると、あろうことか私ではなく、相手の方を応援していました。
 相手の方もこれで気を良くしたのか、1セット目にミスが目立ったショットが次々に決まるようになり、私は防戦一方に。いつの間にか逆転され2-3となったところで時間になってしまったので、プレーをやめましたが、2時間コートをとっていれば、間違いなく、2セット目は取られていたでしょう。
部屋に戻った後、妻に「黙ってみていればいいのに。どうしてパイロットさんを応援したの?」と言うと、「あなたのバックハンドのスライスとか山なりのフォアハンドを見ていると、相手をいなして勝とうしているのがミエミエで、パイロットさんのテニスのほうがパワフルで格好良かったからよ。それにしてもバンコクでもそうだったけど、私が見ているとあなたはいいとこないわね。」といわれる始末。なんでテニスのできない妻にプレースタイルをケチつけられなきゃいけないんだ!「柔よく剛を制す」ということわざにあるじゃないかと思いながらも、妻の前ではいいプレーできていないのも事実なので反論できないのが悔しいところです。
  今度からはミネラルウォーターを持ってきてもらったら、妻にプレーをみないで帰ってもらうことにしましょう(苦笑)

 テニスの練習を相手も探すことができますし、ゴルフの練習もできるので、これからラディソンに宿泊する機会が増えそうです。
[PR]

by eseaisaika | 2012-08-19 11:51 | ラディソンホテル成田