コメリカパークでMLB観戦{2012年8月}

f0233310_1058014.jpg



デトロイトに旅行した目的はコメリカパークでのMLB観戦です。


f0233310_1046174.jpg
 宿泊したホリディインからは徒歩10分ほどで到着しました。エントランス。コメリカパークはデトロイトタイガースの本拠地ですので、球場の至るところで虎のオブジェを見ることができます。
f0233310_11255020.jpg
ボール形の観覧車などもあり、小さい子供も楽しめる施設があるのはメジャーならではですね。


f0233310_10584845.jpg
チケットは球場で直接購入することにしました。席は以前、野球好きの友人がQVCマリンフィールドのフィールドテラススイートでの観戦会を開いてくれたことを思い出し、ゆったり観戦したかったので、ラウンジが利用できるプレミアムチケットを購入することにしました。
 
f0233310_1112844.jpg
チケットの料金は85ドルでしたが、いざ席に着いてみるとバックネット側でした。
f0233310_1122611.jpg
フィールドボックスシートなどフェンスのない席が良かったのですが、この席はかなり近くで迫力があります。
f0233310_11283657.jpg

f0233310_1129339.jpg

f0233310_11292431.jpg

f0233310_11295189.jpg

f0233310_11303238.jpg
席からの景色の良さが印象的でした。サンフランシスコのAT&Tパークもベイエリアの美しい景色を見ることができましたが、デトロイトのダウンタウンの夜景も良かったです。
f0233310_11312267.jpg
球場からは青くライトアップされた高さのあるGM本社ビルを見ることができます。
f0233310_11393249.jpg

f0233310_1139226.jpg

f0233310_1140186.jpg
通路にはタイガースに在籍していたタイ・カップなど往年の名選手のパネルを展示されていました。
f0233310_11414688.jpg

 
この日のデトロイトタイガースの対戦相手はボルチモアオリオールズでした。オリオールズには日本で活躍していた元ソフトバンクの和田投手や元中日のチェン投手が在籍しているので、見ることができるといいなと思っていましたが、残念ながら願いはかないませんでした。

f0233310_11422429.jpg
が、しかし、電光掲示板を見たらタイガースの先発投手が昨年、サイヤング賞(日本のプロ野球では沢村賞にあたる)に輝いたジャスティン・バーランダーではありませんか!
和田やチェンを見ることができないなら、タイガースのエースで100マイル投手の剛腕バーランダーを見たいと思っていた私にはラッキーでした。

 
f0233310_11424115.jpg
バーランダーはこの日は調子が悪いようで、球速も90マイル前後しか出ずイマイチのようです。このピッチングでサイヤング賞なの?と思っていましたが、ランナーを出してからは、ギアをあげたのか、95マイル以上の球速を連発し、抑えていました。
調子が悪いなりに要所をしめるあたりはさすがサイヤング賞投手です。

f0233310_1136983.jpg
 試合を観戦して驚いたのがタイガースの4番バッターのプリンス・フィルダーの8回に飛び出したホームランです。オリオールズのピッチャーの投げた低めの95マイル以上(150キロはあったと思います)の球をライトスタンド上段に放り込んだのはびっくりでした。
日本では見たことのない凄いあたりを見ることができて、さすがメジャーの強打者のパワーは違うなと感心しました。試合もタイガースが逆転勝ちで球場内はかなり盛り上がっていました。

f0233310_1201680.jpg
特別席のタイガークラブに入室できましたので、行ってみました。
f0233310_122472.jpg
クラブ内は巨大なスポーツバーといった雰囲気で盛り上がっていました。
f0233310_1225050.jpg

f0233310_1231628.jpg
料理も別料金(およそ30ドル)ですが、ブッフェスタイルで提供されていました。
f0233310_1241669.jpg

f0233310_1245558.jpg
アメリカらしくボリュームのある料理が多かった。

f0233310_1262266.jpg

f0233310_1273655.jpg
 試合終了後は花火が打ち上げられていました。


 コメリカパークは景色の美しい球場で施設も充実しているのが印象的でした。
治安の悪いデトロイトのダウンタウンに位置するのがもったいないなぁと感じるほどでした。

球場ツアーも開催されているようですが、ツアーの開催日が毎日ではなく曜日が決まっており、タイガースのウェブサイトで参加希望の旨をメールで伝える必要があります。
 もし、またこの球場を訪れる機会があれば、球場ツア
ーには参加したいですね。
[PR]

by eseaisaika | 2012-09-11 12:17 | 野球観戦